映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アントマン」ワールドプレミアにキャストら登場、日本語で「アリがとー!」

31

マーベルの人気コミックを原作とした「アントマン」のワールドプレミアが、アメリカ・ロサンゼルスにて現地時間6月29日に開催された。

「アントマン」は平凡な男スコットが身長1.5cmになれるスーツを身に着け、未知なる能力を持つ“アントマン”として活躍する姿を描く作品。ペイトン・リードが監督を務め、スコットをポール・ラッド、クールなヒロインをエヴァンジェリン・リリー、初代アントマンであるハンク・ピム博士をマイケル・ダグラスが演じる。

レッドカーペットに監督とキャストたちが現れると、会場に集まったマーベルファンから歓声が上がる。ラッドは本作に主演したことに関して「夢が実現したってことなんだ。マーベルの世界に入れたことは、とても不思議ですごいことだと思うよ」とマーベル愛を語り、アントマンのスーツを「これまでのスーツの中でも一番カッコいいと僕は思っている」と絶賛。作品の見どころについては「電車の上で戦うシーンは今までの映画にもたくさんあったけど、この作品で出てくるのは子供のおもちゃの電車なんだ。そしてそんな驚きが映画全編を通して何度も起きる。ほかにもiPhoneや鍵が飛び交うブリーフケースの中での戦いのシーンも見ものだね」とアピールした。

ダグラスは日本のファンに向けて「どうもアリがとー!」と日本語でコメント。人気コミックの映画化ということにプレッシャーを感じたというリリーは、「でもファンのためにがんばったわ。彼らの期待を裏切ることはできないもの」と話す。

さらにレッドカーペットには「アントマン」の原案者であるスタン・リーも登場。前日に緊急搬送されたとの報道があり全世界のファンから心配されていたが、この日は「アントマン」について熱弁をふるい、ファンサービスもたっぷり行った。

「アントマン」は9月19日より全国ロードショー。

http://legacy.natalie.mu/6954f0778091d9ec67f67bfc85734aaf.php/newsedit/redirectNewNatalie/id/152454

映画ナタリーをフォロー