映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

鈴木亮平が「まだ増やす」と90kg到達を宣言、「俺物語!!」遊園地撮影に密着

189

八木山ベニーランドでバイキングに乗ったキャスト陣。(c)アルコ・河原和音/集英社 (c)2015映画「俺物語!!」製作委員会

八木山ベニーランドでバイキングに乗ったキャスト陣。(c)アルコ・河原和音/集英社 (c)2015映画「俺物語!!」製作委員会

河原和音アルコによる少女マンガを原作とした「俺物語!!」の撮影が、仙台市の八木山ベニーランドにて6月上旬に行われた。

「俺物語!!」は高校生の剛田猛男と大和凛子のピュアな恋愛模様を描くラブコメディ。現在、日本テレビほかにてアニメ版も放送されている。キャスト発表時には推定120kgの体重に角刈りの太眉という特徴的なルックスの猛男役に、鈴木亮平が30kg増量して挑むことで話題を集めた。

この日ベニーランドで撮影されたのは、猛男ら集英高校の男子と永野芽郁演じる大和が通う小泉女学園の女子が、遊園地を訪れるシーン。猛男の親友、砂川誠役の坂口健太郎をはじめとした各校のキャスト陣も制服姿で参加し、天気にも恵まれた現場は和気あいあいとしたムードに包まれていた。2校の男女が遊園地の入り口で初対面するシーンでは、スタッフが男性キャスト陣に「(女性陣のことを)かわいいと素直に思えばいいだけなんだから、こんなにやりやすい芝居はないよ」と檄を飛ばす一幕も。

当日はキャスト陣に加え、多数のエキストラも参加。絶叫アトラクション、バイキングを使ったシーンでは、「三半規管に自信がある人?」とのスタッフの呼びかけに集ったエキストラが、リハーサル、本番と複数回にわたって搭乗し、歓声で撮影を盛り立てる。休憩中には出演者が談笑する中、プロテインドリンクを飲み、高カロリーのパンを頬張る鈴木の姿も見受けられた。

同日行われた囲み取材で鈴木は、30kgという大増量について「いま86kgくらいなんですが、90kgくらいまで増やしたいです。シーンごとの繋がりを気にしながらも、演じるキャラクターに寄せていくのが、マンガ原作の作品に出演する上で役者に課された1つのテーマだと思っていて。ただ撮影で体力を消費することもあってなかなか増えないですね」と役作りへの執念を明かす。共に囲み取材に参加した永野と坂口も、鈴木の役への強いこだわりを聞き「猛男という役は亮平さんしかできないんだなと思っています」と口をあわせてコメントした。

オーディションで大和役を勝ち取った永野について鈴木は、「外見だけなら大和にもっと似ている子はいるだろうし、猛男の隣に並ぶならもう少し身長が低いほうがいいのかもしれない。でも内面を見れば大和を演じられるのはこの子しかいないというのがわかる。大和を演じるために生まれてきたような子ですね」とべた褒め。坂口も「実際女の子のグループに大和のような子がいたら、ぶりっ子と思われがちかもしれない。でも芽郁ちゃんはそういう感情を抱かせないんですよね」と続ける。男性陣2人からの称賛の言葉を受け、永野は照れながら「大和を演じてみて自分が楽しいだけじゃなくて、観てもらった人に何かを感じてもらえるようなお芝居をしたいと思うようになったんです。いろいろと考えながら原作の凛子に近づけるようがんばっています」と思いを吐露した。

一方で鈴木からは天然、永野からは少し変わっていると称された坂口。自身も専属モデルを務めるMEN’S NON-NOの先輩俳優の中で、「目標にしている人物はいるか」と問われ、「あまり考えたことはないんです。ただ今回亮平さんの演技を間近で見させてもらったのは、自分にとってすごくプラスになりました。これは『俺物語!!』の取材だから言っているわけではなくて……」と返す。すると鈴木が「いやいやこの取材だからでしょ!(坂口が出演している)『海街diary』だったら絶対に別のこと言うよ(笑)」と突っ込み、取材陣を笑わせた。

最後に鈴木は現場の雰囲気のよさについて、「いい作品を撮るにはキャストはもちろん、スタッフともどれだけ信頼関係を築けるかが大切だと思っています。自分が主演をやる以上、そういう現場を作りたいですし、『俺物語!!』ではそれが叶っています」と力強く語った。

「俺物語!!」は10月31日に封切られる。

映画ナタリーをフォロー