映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

伊藤淳史がいきなり住職に!山本美月、溝端淳平ら出演「ボクは坊さん。」公開

105

「ボクは坊さん。」 (c)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会

「ボクは坊さん。」 (c)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会

「ALWAYS 三丁目の夕日」のスタッフが手がけた「ボクは坊さん。」の出演者が発表。あわせて予告編映像がYouTubeにて公開された。

本作は、白川密成が自身の実体験をつづった同名書籍が原作のヒューマンドラマ。祖父の死を受けて、実家の寺を継ぐことになった青年の奮闘を描く。24歳の若さで栄福寺の住職となる主人公、白方光円役を伊藤淳史が務め、ほかに山本美月溝端淳平濱田岳渡辺大知松田美由紀イッセー尾形らの出演が発表されている。主題歌は男性2人組ユニット吉田山田の「Today,Tonight」に決定した。

予告編映像に収められたのは、突然住職の座に就くことになった光円が、戸惑いを抱えながらも日々精進していく姿。また終盤には、「坊さんだって、たくさん悩む」というコピーと共に、涙を流す光円の姿が切り取られている。

なお、伊藤は本作について「当たり前の様に繰り返される毎日を描いた作品で、その中で起こる、喜びや悲しみに、生を感じさせてくれる、心温まるストーリーだと思います。お寺の世界の厳しさや、美しさを、身をもって感じる事が出来ました」とコメントを寄せている。

「ボクは坊さん。」は10月より全国でロードショー。

伊藤淳史 コメント

この映画は、当たり前の様に繰り返される毎日を描いた作品で、その中で起こる、喜びや悲しみに、生を感じさせてくれる、心温まるストーリーだと思います。お坊さんの役を演じさせて頂き、お寺の世界の厳しさや、美しさを、身をもって感じる事が出来ました。共演者やスタッフの皆様と、今治の空気を感じながら、楽しく撮影に臨む事が出来ました。ロケーションもとても美しいので、是非劇場でご覧下さい。

白川密成 コメント

僕が原作の中で伝えたかったことは、もしかしたら、ただひとつ。「そこに坊さんがいること」。ただの青年がある日、「坊さん」になって見たシーンは、「ねぇ、こんなことが、あったんだよ」と誰かに話したくなる日々でした。そのひとりが、あなただったら、なんだかうれしいです。もし、この映画をみた人が、誰かの声を久しぶりに聞きたくなったとしたら、それだけで、ありがたいです。

吉田山田 コメント

率直にこの書き下ろしの話をいただいた時、とても嬉しかったです。通り過ぎてしまえば懐かしく、どこか愛しい「思春期」も、当時は欲求不満と不安と迷いにまみれていました。そんな気持ちを久しぶりに感じさせてもらえて、この曲を作らせてもらえて、とても光栄です。「Today,Tonight」は僕らにとっても大切な曲になりました。

映画ナタリーをフォロー