「0.5ミリ」安藤桃子が上海国際映画祭で3冠達成、一家で喜び噛みしめる

25

安藤桃子が監督を務めた「0.5ミリ」が、現地時間6月19日夜に閉幕した第18回上海国際映画祭アジアンニュータレントアワード部門にて、最優秀監督賞、優秀作品賞、優秀脚本賞を同時受賞した。

左から安藤桃子、奥田瑛二。(c)2013ZERO PICTURES/REALPRODUCTS

左から安藤桃子、奥田瑛二。(c)2013ZERO PICTURES/REALPRODUCTS

大きなサイズで見る(全3件)

「0.5ミリ」は安藤が書き下ろした小説を、妹の安藤サクラ主演で映画化した作品。日本では2014年11月に公開され、現在でも全国でロングラン上映が続いている。

安藤桃子 (c)2013ZERO PICTURES/REALPRODUCTS

安藤桃子 (c)2013ZERO PICTURES/REALPRODUCTS[拡大]

本作は2014年の東京国際映画祭で上映された、中国のチャン・ビンジエンが手がける「北北東」や、ベルリン国際映画祭にて上映された、韓国のキム・デファンが手がける「End of Winter」などを抑えての3冠達成となった。授賞式には安藤のほか、安藤の父であるエグゼクティブプロデューサーの奥田瑛二、そして母であるエッセイストの安藤和津も同席。安藤は「日々世界中ではさまざまな国際問題も勃発していますが、映画は世界共通言語。国際映画祭では誰もが同じフィールドに立つことができることを、改めて実感しました。産後初めて家族で海を越え、このような賞をいただき、大変うれしいです!」とコメントを寄せている。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

安藤桃子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 0.5ミリ / 安藤桃子 / 奥田瑛二 / 安藤和津 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。