映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「虎影」斎藤工、子役に見せた優しい一面を“営業スイート”と一蹴

122

「虎影」完成披露試写会にて、左から西村喜廣、石川樹、斎藤工。

「虎影」完成披露試写会にて、左から西村喜廣、石川樹、斎藤工。

本日6月11日、東京・アキバシアターにて「虎影」の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶に虎影役の斎藤工、孤月役の石川樹、監督の西村喜廣が登壇した。

本作は戦国の世を生きる忍者を主人公にしたアクション活劇。かつて“最強の男”と呼ばれた虎影は、忍者首領に人質にとられた息子を取り戻すため再び刀を抜く決意をする。

これまで女性がメインの作品ばかり撮ってきた西村は「男性を主人公にすると決まったとき、工しか考えられなかった」と告白。「彼以外に誰も思いつかなくて」と斎藤への熱い思いを語りだす西村だったが、オファーの経緯が「『出てくれない?』って工にLINEしたんです。そしたら『出ます!』って返事が来た」と軽いノリだったことが明かされると会場は笑いに包まれる。

虎影の息子を演じた石川は話を振られると、緊張した面持ちで「“最強の男”の血が流れている体ということで、アクションもがんばりました」とコメント。石川の聡明な受け答えに「いい成長してるよね」「いや、このまま成長を止めるべきだ」と口を挟む斎藤と西村を見て、石川は「ありがたいですね」と余裕の対応をしてみせた。

大人びた石川を絶賛する斎藤だが、撮影中には息子役の石川に対して“父親”らしい一面を見せていた。雨の中の撮影を終えてバスへ戻ると、斎藤は自分より先に石川をタオルで拭いてあげていたと西村がエピソードを披露。斎藤は「それは“営業スイート”です。このような場で話してもらうために逆算して優しくしました」と淡々と述べ、西村から「なんかネガティブな言い方!」とツッコまれることに。しかし最後に斎藤は「この作品で日本映画の底力を証明したい」と“営業”ではなく本音で強い自信をアピールした。

「虎影」は6月20日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー