映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

斎藤工、鳥居みゆきに優しさ見せるも肩すかし、「虎影」ヒット記念舞台挨拶

68

「虎影」ヒット記念イベントの様子。左から監督の西村喜廣、鳥居みゆき、斎藤工。

「虎影」ヒット記念イベントの様子。左から監督の西村喜廣、鳥居みゆき、斎藤工。

本日7月4日、「虎影」のヒットを記念した舞台挨拶が東京・新宿武蔵野館にて行われ、斎藤工鳥居みゆき、監督の西村喜廣が登壇した。

本作はかつて忍びの世界で“最強”の名をほしいままにしていた男、虎影が人質にされた妻子を取り戻すべく、命をかけた財宝争奪戦に挑むアクションエンタテインメント。

主演の斎藤は「公開日から、今はトラックで言うと第3コーナーを曲がったあたり。ここからがこの映画の本当の勝負だと思うので、引き続きよろしくお願いします」と挨拶。そして「いわゆる大作ではないインディペンデント寄りのこの映画で、何度も手渡しに近い感じでみんなの前に立てるのは、自然だしうれしいプロセスです」と笑顔を見せた。西村は「何回も観てくれてるお客さんもたくさんいて、こんなふうになるのは初めてで感激しています」と思いを述べる。

くノ一の夜馬(ようま)を演じた鳥居が、斎藤との共演について「現場ではすごい気を遣ってくれて、私がなじめてないんじゃないかという気になりました。クラスによくいた『この子仲間に入れてあげて』みたいな。そういうふうに扱ってくれて、ちょっと惨めでした」と明かすと、斎藤は「放っておけばよかった」と苦笑。さらに鳥居は「最初の顔合わせのときに、私のギンナンを剥いてくれて。でも今考えたら、『私のギンナンを剥いた斎藤工』ってエロいな」と語るなど、暴走する場面も。一方の斎藤は「西村組の鳥居さんを見てみたかった。夜馬という役は鳥居さんにしか演じられないくノ一なので」と誠実な口ぶりで鳥居を賞賛した。

「虎影」は新宿武蔵野館ほか全国で公開中。

映画ナタリーをフォロー