360°の視点で真実を見極めよう、「予告犯」の世界観を体験できる特別動画公開

48

筒井哲也の同名コミックを映画化した「予告犯」、そしてその1年後を描く連続ドラマW「予告犯-THE PAIN-」のスピンオフムービー「360°動画」が公開された。

「360°動画」特設サイト

「360°動画」特設サイト

大きなサイズで見る(全6件)

「360°動画」

「360°動画」

「360°動画」は、パソコンの場合は画面をドラッグすること、スマートフォンの場合は端末を傾けることによって動画内の視点をユーザーが操作できる特別映像。ユーザーは東京都中野区の商店街を歩く主人公となり、さまざまな出来事に遭遇する。動画には視点を操作することで思わぬ真実が見つかる仕掛けが組み込まれており、「予告犯」の「先入観にとらわれず、見方を変えると、そこに真実がある」という世界観を体験できる。

「360°動画」解説

「360°動画」解説

「360°動画」はパソコンではGoogle Chrome、スマートフォンではiOSとAndroidのYouTubeアプリでのみ視聴が可能。また新聞風のデザインで構成された特設サイトでは、動画内で出くわすさまざまな人物の出没エリアが詳しく解説されているので、「360°動画」を視聴してからチェックしてみよう。

「予告犯」「予告犯-THE PAIN-」は、新聞紙をかぶった謎の男“シンブンシ”によってネット上に投稿された「予告動画」が巻き起こす事件を描く犯罪サスペンス。6月6日公開の「予告犯」は生田斗真、6月7日よりWOWOWで放送する「予告犯-THE PAIN-」は東山紀之が主演を務める。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

リンク

関連商品