映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東山紀之&戸田恵梨香、桐谷健太を痴漢呼ばわり!?ドラマ「予告犯」完成

45

左から戸田恵梨香、橋本さとし。

左から戸田恵梨香、橋本さとし。

6月7日(日)よりWOWOWにて放送される連続ドラマW「予告犯-THE PAIN-」の完成披露試写会が本日5月25日、東京の恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催され、主要キャストの東山紀之戸田恵梨香桐谷健太橋本さとし、監督の中村義洋が舞台挨拶に登壇した。

本作は6月6日公開作「予告犯」の1年後を描いたスピンオフドラマ。動画サイト上で擬似裁判を開き、闇に葬られかけていた事件の真実を暴く覆面集団“シンブンシ”と、サイバー犯罪を追う警察が虚々実々の攻防を繰り広げる。

“シンブンシ”のリーダーを演じた東山は、ダークヒーローという役どころについて「良心の呵責に苛まれるこの役は、ある程度年齢を重ねた今だから巡りあったのかな」と分析し、「この経験がまたこれからの僕を作ってくれると思う」と静かに語った。落ち着いた態度を見せる東山だが、桐谷から「クールに見えて、めちゃくちゃファニーな人」と撮影現場での様子を明かされると、思わず照れ笑い。「こう見えて結構ボケてくるんですよ」と話す桐谷に、共演陣も大きくうなずいて賛同した。

和気あいあいとした雰囲気の中で攻撃の的となったのは、登壇者全員が認めるムードメーカーの桐谷。痴漢の冤罪被害に遭う役どころについて「誰も信じてくれない寂しさや悲しさを伝えたかった」と訴えるも、今度は東山から「本当に痴漢してるんじゃないかなってくらい役に入り込んでたよ」とからかわれる。戸田は過去に桐谷と共演した作品の役柄を引き合いに「前は私にストーカーしようとした!」と声を上げ、桐谷から助けを求められた橋本と中村はにっこりと笑顔を返すのみ。会場には「冤罪ですから!」と潔白を主張する桐谷のむなしい叫び声が。

最後にドラマの内容にちなんで「最近訴えたいこと」を聞かれると、登壇者の中で映画版とドラマ版両方に出演している唯一のキャストである戸田は「最近この質問をよく受けるんですけど……訴えることがないほど、日々平和に過ごしてます!」と回答して空気を和ませる。再び真面目な表情に戻った東山は「本来インターネットは世界を1つにするもの。だから決して悪用しないでほしい」とヒーローさながらの語り口で、これから作品を観る人たちへメッセージを投げかけた。

連続ドラマW「予告犯-THE PAIN-」

WOWOWプライム 2015年6月7日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※全5話。第1話は無料放送
<出演者>
東山紀之 / 戸田恵梨香 / 桐谷健太 / 市川実日子 / 橋本さとし / 光石研 / 三浦誠己 / 村井國夫ほか

映画ナタリーをフォロー