生田斗真主演「予告犯」舞台挨拶、戸田恵梨香のSキャラさく裂

101

本日4月21日、東京・東京国際フォーラム ホールCにて「予告犯」の完成披露舞台挨拶が行われ、生田斗真戸田恵梨香鈴木亮平濱田岳荒川良々、監督の中村義洋が登壇した。

左から中村義洋、濱田岳、戸田恵梨香。(c)2015 映画「予告犯」製作委員会 (c)筒井哲也/集英社

左から中村義洋、濱田岳、戸田恵梨香。(c)2015 映画「予告犯」製作委員会 (c)筒井哲也/集英社

大きなサイズで見る(全10件)

左から鈴木亮平、荒川良々。(c)2015 映画「予告犯」製作委員会 (c)筒井哲也/集英社

左から鈴木亮平、荒川良々。(c)2015 映画「予告犯」製作委員会 (c)筒井哲也/集英社

原作は、筒井哲也により2011年から2013年にかけて連載された同名マンガ。インターネットに犯行予告動画を投稿し、法で裁けない悪人たちへ次々と制裁を加える謎の覆面集団“シンブンシ”と、サイバー犯罪を追う警視庁の捜査官、吉野によるスリリングな頭脳戦が繰り広げられる。

6人が姿を見せると、場内は割れるような歓声で包まれた。“シンブンシ”のリーダー格であるゲイツ役の生田が「どうも、嵐の生田です」と挨拶すると、観客はさらにヒートアップ。続く戸田、鈴木の挨拶にも熱い声援が送られる中、濱田は自分の番が来ると「よかった……キャーって言ってもらえた」と安堵して見せた。

エリート捜査官の吉野を演じた、戸田恵梨香。

エリート捜査官の吉野を演じた、戸田恵梨香。

エリート刑事の吉野を演じた戸田はSっ気のある役柄について「ほかでは言えないようなセリフもあって、味わったことのない開放感を感じました」とコメント。司会者から“シンブンシ”の4人の中で誰が好みか聞かれると、「カンサイかな」と回答。満面の笑みで「なんでですか!?」と詰め寄るカンサイ役の鈴木を「あなたじゃないですよ?」と一蹴し、ここでもSなキャラクターを貫いた。

「予告犯」という映画のタイトルにちなみ、公開初日の6月6日までにやり遂げる公約をそれぞれ宣言することになると、鈴木が「鈴木亮平は6月6日までに……歌手デビューします!」と声高らかに叫んで会場中を驚かせる。続く荒川も「6月6日までに結婚します!」と発言して再び会場をざわつかせるも「まずは相手を探します」となぜかしょんぼり。最後に生田が「初日舞台挨拶で司会やります!」と力強く宣言すると、映画の公開へ向けて会場は大いに盛り上がった。

この記事の画像(全10件)

関連記事

生田斗真のほかの記事

リンク

関連商品