映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

黒澤明、溝口健二、深作欣二、日本映画の名作がカンヌで復活上映

68

黒澤明「乱」(c)KADOKAWA 1985

黒澤明「乱」(c)KADOKAWA 1985

現地時間5月13日に南仏カンヌで開幕する第68回カンヌ国際映画祭の並行部門、カンヌクラシックスにおいて黒澤明の「」、溝口健二の「残菊物語」、深作欣二の「仁義なき戦い」の3作品がデジタルリマスター版で上映される。

黒澤が1985年に発表した「乱」は、シェイクスピアの「リア王」と毛利元就の逸話「三本の矢」をモチーフにした時代劇。4Kデジタル復元版は、カンヌ映画祭がワールドプレミアとなる。クラシック部門での上映に加え、会期中カンヌビーチに出現する大型スクリーンでの屋外上映、シネマ・デ・ラ・プラージュでも上映される。

「残菊物語」は、溝口健二監督が歌舞伎役者の悲哀をワンシーンワンカットで捉えた1939年の作品。こちらもデジタルリマスター版はカンヌでワールドプレミアとなる。

東映が1973年に製作した「仁義なき戦い」は、実際に起きたヤクザ間の抗争を元にした実録ヤクザ映画で、主人公を菅原文太が演じた。深作のバイオレンス美学が色濃く表れた作品として、クエンティン・タランティーノをはじめ海外にもファンが多い。

カンヌクラシックスは、コンペを含むオフィシャルセレクションと並ぶ主要な部門で、世界中の名作を紹介する意図で2004年に創設された。今年はフランスのコスタ=ガヴラスとアメリカのオーソン・ウェルズの特集上映、先月106歳で生涯を閉じたマノエル・ド・オリヴェイラ監督の追悼上映などが行われる。

仲代達矢(「乱」一文字秀虎役)コメント

日本の戦国時代を借りて、終りのない戦さに明け暮れる人間の愚かさを、天上からの「神」の眼で俯瞰した作品──世界に冠たる偉大な反戦映画である。

映画ナタリーをフォロー