ゆずも仰天!「クレしん」初日舞台挨拶でしんちゃんやりたい放題

103

映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~」の公開初日舞台挨拶が、本日4月18日に東京・TOHOシネマズ 日劇2にて開催された。

舞台挨拶後の記念撮影の様子。

舞台挨拶後の記念撮影の様子。

大きなサイズで見る(全11件)

今回の作品は、しんちゃんこと野原しんのすけ一家が住み慣れた埼玉・春日部市を離れ、引越し先のメキシコでさまざまな騒動を巻き起こすというストーリー。舞台挨拶にはしんちゃん役の矢島晶子、みさえ役のならはしみき、ひろし役の藤原啓治、ひまわり役のこおろぎさとみが、それぞれのキャラクターの着ぐるみと共に登壇。さらに主題歌「OLA!!」を歌うゆずの2人も登場した。

左よりこおろぎさとみ、藤原啓治、ならはしみき、矢島晶子、野原一家。

左よりこおろぎさとみ、藤原啓治、ならはしみき、矢島晶子、野原一家。

イベント冒頭ではレギュラー声優陣が観客に対して挨拶。矢島は「どうもありがとうございまーす!」としんちゃんの声で挨拶し、会場を沸かせる。それに続いたならはしは「私は残念ながらほぼほぼ地声ですので、面白いサプライズがなくてすみません」と笑わせた。藤原は「野原ひろし役で超人気若手声優の地位に上り詰めた藤原です」と挨拶し、矢島から「……若手?(笑)」とツッコミを受ける。最後のこおろぎは「この家族はどこに行っても変わらなくてうれしいな、と。これからも野原一家をよろしくお願いいたします」と、野原一家への応援を呼びかけた。

ここで野原一家が春日部からメキシコへ引っ越すまでに行われたさまざまなイベントを振り返るスライドが上映される。本物の春日部市役所への転出届提出、市長や市民との記念撮影、メキシコ大使館へのビザの申請、さらには駐日メキシコ大使との記念撮影など、アニメ映画の枠を飛び越えた数々のイベントに声優陣も仰天。矢島は「巻き込むねー!(笑)」、こおろぎは「よく怒られなかったね」と驚きの声を上げた。

そして主題歌を担当したゆずの2人がステージに登場。岩沢厚治が「しんちゃんがメキシコに行ってしまうということで、お見送りに来ました」と挨拶している最中、しんちゃんがお尻を押し付ける「お尻愛」を岩沢に強行。岩沢は「すごいな、圧が!」としんちゃんのパワーに圧倒されていた。

主題歌「OLA!!」を披露するゆずと野原一家。

主題歌「OLA!!」を披露するゆずと野原一家。

ここで2人は映画の主題歌「OLA!!」を披露。曲の終盤にはしんちゃんがズボンを下ろして客席に向けてお尻を出し、みさえからこっぴどく叱られるという一幕も。これを目の前で見た2人は「このやり取りが見れてうれしいです」(岩沢)、「相変わらずしんちゃんはやりたい放題だなって……憧れます」(北川悠仁)と、しんちゃんのフリーダムっぷりを楽しんでいる様子を見せた。

この記事の画像(全11件)

関連記事

リンク

関連商品