2016年公開のゴジラ最新作スタッフに庵野秀明&樋口真嗣が決定

70

2016年夏公開のゴジラ最新作のスタッフとして、脚本、総監督に庵野秀明、監督に樋口真嗣が決定した。

左から、庵野秀明、樋口真嗣。

左から、庵野秀明、樋口真嗣。

大きなサイズで見る(全3件)

「エヴァンゲリオン」の生みの親である庵野は、シリーズ全編で110億円超えの興行収入を達成し世界からも注目される存在。樋口は1984年に「ゴジラ」のスタッフとして映画界入りし、「日本沈没」「のぼうの城」のほか、8月、9月公開の実写版「進撃の巨人」でも監督を務めている。2人は30年来の盟友であると共に、2012年に庵野が企画と脚本を、樋口が監督を務めた短編「巨神兵東京に現わる」でタッグを組んだ経験も。

2016年公開「ゴジラ」の足型。

2016年公開「ゴジラ」の足型。[拡大]

このたびの発表では、最新作の舞台が日本であることも明らかに。同時に公開された足型からは、12年ぶりのジャパンゴジラのスケールの大きさがうかがえる。詳細は発表されていないものの、2014年のハリウッド版ゴジラの108mをはるかに上回る過去最大級になることが見込まれている。

庵野は2013年の6月に「G作品メモ」という企画書を東宝に提出、プロットなどの作成を開始したという。撮影は今秋を予定しているとのことなので、ファンは続報に期待しよう。

この記事の画像(全3件)

庵野秀明コメント

東宝の方から直接「ゴジラの新作映画の監督をお願いしたい」と、依頼を受けました。精神的にも不安定でしたし、「無理です。エヴァもあるし、出来ませんよ」と、その場は固辞しました。が、東宝の誠意と盟友樋口真嗣監督の熱意に心が動かされ、2013年3月、監督を引き受ける事にしました。過去の継続等だけでなく空想科学映像再生の祈り、特撮博物館に込めた願い、思想を具現化してこそ先達の制作者や過去作品への恩返しであり、その意思と責任の完結である、という想いに至り、引き受ける事にしました。今しか出来ない、今だから出来る、新たな、一度きりの挑戦と思い、引き受ける事にしました。エヴァではない、新たな作品を自分に取り入れないと先に続かない状態を実感し、引き受ける事にしました。

樋口真嗣コメント

夢のようなことですが、これからこれを現実に落とし込まなければならないのです。寝言を並べる余裕はありません。どうしてもやりたいこと、やらなきゃいけないこと、絶対にやってはいけないこと、できることならやりたくないことが、四竦みになって私の頭の中で闘っています。さながら脳内チャンピオンまつりです。さて。遊びの時間は終わったのです。それでも、最高の仲間と立ち向かえることが逃げ出したくなるようなプレッシャーに打ち克つ唯一の方法なのです。

この偉大なる神を生んだこの国に生まれたこと、特撮という仕事に巡り合え、続けてこれたこと、そしてこの機会が巡ってきた運命に感謝しつつ、来年、最高で最悪の悪夢を皆様にお届けします。

関連記事

庵野秀明のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 シン・ゴジラ / 庵野秀明 / 樋口真嗣 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。