SHIROBAKO題材に堀川憲司らがアニメ制作やピーエーワークス語る、TAAFプログラム

290

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)」の新たなプログラムが発表された。観覧無料のトークショー「『SHIROBAKO』から見るP.A.WORKSの想い」が、3月14日14時から東京・サンシャインシティの噴水広場で実施される。

アニメ「SHIROBAKO」キービジュアル (c)「SHIROBAKO」製作委員会

アニメ「SHIROBAKO」キービジュアル (c)「SHIROBAKO」製作委員会

大きなサイズで見る(全11件)

3月12日から15日まで東京・池袋で開催される「東京アニメアワードフェスティバル2021」は、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的とした国際アニメーション映画祭。「『SHIROBAKO』から見るP.A.WORKSの想い」にはP.A.WORKSの代表取締役である堀川憲司、プロデューサーの相馬紹二、ラインプロデューサーの山本輝と橋本真英、インフィニットの代表取締役である永谷敬之、アニメーターの井上俊之、サイクロングラフィックスのCGディレクター・設楽友久が登壇する。

当日はP.A.WORKSが手がけたアニメ「SHIROBAKO」を題材に、登壇者がアニメーション制作について語る「なぜ、僕らはこんなに万策尽きそうになるのか。」「作画と3Dアニメーションの過去と今」「P.A.WORKSはもがいてるんだ!」を展開。「SHIROBAKO」の主人公・宮森あおいの役割である制作進行や、アニメの制作工程、P.A.WORKSとアニメの未来についてトークする。プログラムの模様はオンラインで同時配信。会場に足を運べない人も話を聴くことができる。

アニメ「赤毛のアン」第6話「グリーン・ゲイブルズのアン」より。(c)NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Anne of Green Gables” TM AGGLA

アニメ「赤毛のアン」第6話「グリーン・ゲイブルズのアン」より。(c)NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Anne of Green Gables” TM AGGLA[拡大]

また3月12日20時からは、インタビュー映像「アニメ功労部門顕彰記念『マンガからアニメーションへ~名作劇場を創った人々~』」をオンラインで無料配信。映像には「アニメ功労部門」2020年度の受賞者として佐藤昭司プロデューサー、中島順三プロデューサー、色彩設計を務めてきた小山明子、2021年度の受賞者として編集の業務に携わってきた瀬山武司、アニメーターの才田俊次、声優の羽佐間道夫がゲストとして登場する。また「赤毛のアン」第6話、「ちびまる子ちゃん」第1話の映像も上映。それまで子供だけが見るものとされていた“マンガ映画”を、家族で見る“アニメーション映画”という新しいジャンルへと導いた人々の制作の裏側を明らかにするとともに、長寿番組の秘密にも迫る。事前に申し込んだ人のみ、24時間のアーカイブ視聴が可能だ。

「こどもWS『動く』~蜘蛛の動きをつくろう~」イメージ

「こどもWS『動く』~蜘蛛の動きをつくろう~」イメージ[拡大]

さらに東京・豊島区庁舎1階のとしまセンタースクエアでは、3月14日に小学生とその保護者を対象としたワークショップ「こどもWS『動く』~蜘蛛(クモ)の動きをつくろう~」を実施。カラフルなモールで作る蜘蛛を使って、アニメ作りにチャレンジできる。参加にはオンラインでの抽選申し込みが必要。2月26日12時から3月5日23時59分まで応募を受け付けている。各プログラムの詳細は「東京アニメアワードフェスティバル2021」公式サイトで確認しよう。

この記事の画像(全11件)

「『SHIROBAKO』から見るP.A.WORKSの想い」

日時:2021年3月14日(日)14:00~16:30
会場:東京 サンシャインシティ 噴水広場
登壇:堀川憲司、相馬紹二、山本輝、橋本真英、永谷敬之、井上俊之、設楽友久
料金:無料

「アニメ功労部門顕彰記念『マンガからアニメーションへ~名作劇場を創った人々~』」

日程:2021年3月12日(金) 20:00~ ※事前の申し込みで24時間のアーカイブ視聴が可能。
ゲスト:佐藤昭司、中島順三、小山明子、瀬山武司、才田俊次、羽佐間道夫
料金:無料

「こどもWS『動く』~蜘蛛の動きをつくろう~」

日時:2021年3月14日(日)
時間:1回目10:00~11:30(受付9:45~10:00) / 2回目13:00~14:30(受付12:45~13:00)
会場:東京都 豊島区庁舎1階 としまセンタースクエア
料金:500円

全文を表示

関連記事

羽佐間道夫のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 羽佐間道夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。