「鬼滅の刃」花江夏樹が手鬼を30秒で描く、海外ファンが選ぶ感動シーンも紹介

466

アニプレックスによるオンラインイベント「Aniplex Online Fest」が、太平洋夏時間7月4日から5日、日本時間5日から6日にかけて行われた。この記事ではアニメ「鬼滅の刃」のプログラムをレポートする。

「鬼滅の刃」プログラムの様子。左から花江夏樹、下野紘。

「鬼滅の刃」プログラムの様子。左から花江夏樹、下野紘。

大きなサイズで見る

「Aniplex Online Fest」はアメリカ・ロサンゼルスで開催予定だった「Anime Expo 2020」の中止に伴い、世界各国のアニメファンが楽しめるよう企画されたイベント。「鬼滅の刃」コーナーには竈門炭治郎役の花江夏樹と我妻善逸役の下野紘が出演した。番組ではまず昨年12月開催の「ジャンプフェスタ2020」で上映された2つの「鬼滅の刃」スペシャル映像が流される。1つ目の映像ではオープニングテーマの「紅蓮華」、2つ目の映像ではエンディングテーマの「from the edge」をバックに、TVアニメでの炭治郎たちの戦いが振り返られた。

続いて北米と中国のファンにアンケートで聞いた「好きなファイトシーン」「笑えたシーン」「感動したシーン」がそれぞれ紹介される。「好きなファイトシーン」に挙げられたのは、炭治郎が響凱を討つ第13話のシーンと、善逸が蜘蛛の鬼(兄)を“雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 六連”で倒す第17話のシーン。「笑えたシーン」には小さくなった禰豆子がカナヲから逃げる第21話のシーンと、女性好きの善逸が蝶屋敷の女の子たちと一緒に過酷なはずの機能回復訓練を楽しむ第24話のシーンが選ばれた。

「感動したシーン」に挙がったのは善逸が伊之助から炭治郎の木箱を守る第13話のシーンと、炭治郎と禰豆子が兄妹の力を合わせて累に一撃を見舞う第19話のシーン。2つ目のシーンを見終わった花江と下野は、拍手しながら「何回見ても泣きそうになりますね」と興奮気味に頷き合う。また海外ファンが好きな善逸、炭治郎のセリフとして「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃」「頑張れ!! 人は心が原動力だから! 心はどこまでも強くなれる!!」をそれぞれが実演してみせる場面や、水流がほとばしる“水の呼吸”のメイキング映像が披露される場面も見られた。

番組では花江、下野がお題に沿ったイラストを30秒で描き、それぞれの作品を見て何が描かれているかを答えるイラストクイズも実施。花江には「鱗滝」「手鬼」、下野には「ホワホワしている伊之助」「蜘蛛にされた鬼殺隊士」というお題が与えられる。途中、花江が描いた鱗滝のお面を下野が鋼鐵塚のお面と勘違いしかける、花江が手鬼の目をいくつも描いてしまうなどの危うい場面があったものの、2人は見事に全問正解を成し遂げた。最後に10月16日に公開される「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の予告編が流されると、花江と下野は同作への期待を煽りつつ、海外ファンに向けたメッセージを送った。

「Aniplex Online Fest」ではアニプレックス作品のスタッフ・キャストが出演するトークや、関連ミュージシャンによるコメント映像やライブ映像、制作スタジオスタッフの座談会などが、英語・中国語の2言語で世界に向けて生配信された。

※禰豆子の禰はネに爾が正式表記。

関連する特集・インタビュー

関連記事

吾峠呼世晴のほかの記事

リンク

関連商品