コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

鈴木央「七つの大罪」がマガジンで完結!次の世代を描く続編の制作も決定

2221

「七つの大罪」の表紙イラスト

「七つの大罪」の表紙イラスト

鈴木央「七つの大罪」の続編「黙示録の四騎士(仮)」の制作が決定した。

本日3月25日発売の週刊少年マガジン17号(講談社)にて、約8年間の連載に幕を下ろした「七つの大罪」。告知ページでは「物語は、次の世代」という言葉とともに、続編制作が伝えられた。

完結を記念し、今号では「7つのお宝が当たる!スクラッチくじ」を開催。170cmの特大画集、ビニール傘、ホーク実物大ぬいぐるみといったアイテムがプレゼントされる。応募には巻頭の袋とじについているスクラッチが必要となる。またアニメの主要キャラクターを演じた梶裕貴雨宮天久野美咲悠木碧鈴木達央福山潤高木裕平杉田智和坂本真綾からのコメントが寄せられた。さらにアニメ新シリーズ「七つの大罪 憤怒の審判」が10月から放送開始されることや、舞台続編となる「七つの大罪 The STAGE -裏切りの聖騎士長-」が6月に上演されることも伝えられた。

「七つの大罪」は、かつて王国の転覆を企てたとされる7人の大悪党集団「七つの大罪」をめぐる冒険ファンタジー。同誌にて2012年より連載開始され、単行本は40巻まで発売されており、最終41巻は5月15日に発売される。

コミックナタリーをフォロー