志村貴子がカバーイラストを描き下ろし、中高一貫の女子校を舞台にした青春小説

528

志村貴子が安壇美緒の小説「金木犀とメテオラ」のカバーイラストを描き下ろした。

「金木犀とメテオラ」

「金木犀とメテオラ」

大きなサイズで見る(全2件)

集英社より刊行された「金木犀とメテオラ」は、第30回小説すばる新人賞でデビューした安壇の受賞後第1作。北海道に新設された中高一貫女子校へ東京からトップの成績で入学した宮田佳乃と、地元の成績優秀な美少女・奥沢叶の関係を軸に、思春期の焦燥や少女たちの成長を描く。

なおコミックナタリーでは志村が2002年から2004年にかけて連載した「どうにかなる日々」が5月に劇場アニメ化することを記念して、約1万字におよぶ志村のインタビューを公開。同作の制作秘話やマンガとの向き合い方に迫った。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

志村貴子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 志村貴子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。