コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「マギレコ」先行上映会、麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜が役柄の第一印象振り返る

640

TVアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」第1話および第2話の先行上映会が本日12月23日に東京・新宿バルト9にて開催され、上映会のトークショーに環いろは役の麻倉もも、七海やちよ役の雨宮天、由比鶴乃役の夏川椎菜が登壇した。

トークショーでは挨拶の後、3人それぞれが演じるキャラクターの第一印象についてコメント。最初から親近感を感じていたという感想もあれば、徐々に理解できるようになり、好きになっていったという感想も挙がった。またスマホゲーム「マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝」と本アニメで演じ方に違いがあるかと尋ねられると、アニメではアフレコ現場で直接キャスト同士の掛け合いを行うため、キャラクター同士の距離感を測ったり、臨場感を出したりしやすいとそれぞれに述べる。さらに上映が行われた第1話、第2話については、その不気味な雰囲気が「魔法少女まどか☆マギカ」らしいと語り合った。どんな魔法少女になりたいかについて話す場面では、1人で戦うのは怖いのでチームを組みたいという意見が。残る2人もそれに賛同し、安全に戦うにはどんな武器がいいか、チームにどんな役割のメンバーが欲しいかなどの話題で盛り上がった。

そんな麻倉、雨宮、夏川はユニットグループ・TrySailとしてのアーティスト活動も行っており、TVアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」ではオープニングテーマ「ごまかし」を歌っている。イベントではこのたび「ごまかし」がアニメ放送開始日の2020年1月4日よりデジタルリリースされることが明らかになった。司会が本楽曲の印象について尋ねると、麻倉らは楽曲の繊細さ、不穏さが、作品の雰囲気に合っていると述べる。トークショーの最後には3人から観客に向けてアニメへの期待を煽るメッセージが送られ、上映会は幕を閉じた。

2020年1月4日よりMBSほかにて放送されるTVアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の世界観を引き継いだ同名のスマートフォン向けゲームを原作とした作品。ある秘密が隠された新興都市を舞台に、魔法少女の1人・いろはを中心とした物語が描かれる。

(c)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

コミックナタリーをフォロー