コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ヤングアニマルZEROに「ベルセルク」付録、ももせたまみ&新鋭の新連載も

61

ヤングアニマル(白泉社)の増刊・ヤングアニマルZEROの第2号にあたる12月1日増刊号が本日11月9日に発売。矢神翔「隻影の影人(ヨド)」、ももせたまみ「お母さんは同級生!」の新連載2本がスタートした。

「隻影の影人」は新鋭・矢神によるダークファンタジー。ある出来事により過剰なまでに妹・かなみの心配をするようになった創司は、親友で幼なじみの雅敏がかなみを襲っている場面を目撃してしまう。創司も雅敏に命を奪われかけたが、そこに謎の男が現れ……。今号には一挙2話が掲載された。

「お母さんは同級生!」は母性を持て余す中学2年生の西東ウルーチカが、前世の自分の娘であった天野いずみと出会ったことから始まるコメディ。元母娘の同級生2人によるスクールライフが展開されていく。また今号の付録は三浦建太郎「ベルセルク」のクリアファイル。なおヤングアニマルZEROの第1号は、11月14日まで白泉社e-net!、マンガParkほか主要電子書店にて90%オフで販売中。この機会にゲットしてみては。

コミックナタリーではヤングアニマルZEROの誕生を記念し、テレビ東京の番組「ゴッドタン」の名物プロデューサー・佐久間宣行へのインタビューを実施。佐久間のマンガ愛から仕事論、そしてエンタメが溢れかえる現代においてコンテンツの魅力を届ける方法までたっぷりと語ってもらった。

関連する特集記事

ヤングアニマルZERO特集 テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行インタビューPR

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー