ヤングアニマルZERO PR

ヤングアニマルZERO特集 三浦建太郎インタビュー |「ドゥルアンキ」の原作&プロデュースとは?「ベルセルク」の今後は? “狂気の描き込み”を生むスタジオ我画潜入レポートも!

三浦建太郎が原作とプロデュースを務める新連載「ドゥルアンキ」が、9月9日発売の新増刊ヤングアニマルZERO(白泉社)にてスタートした 。神話と歴史を描くファンタジー「ドゥルアンキ」は三浦が長年温めてきたアイデアの集大成であり、しかも現在ヤングアニマル(白泉社)で連載中の「ベルセルク」の連載スピードのアップにもつながる作品だという。

コミックナタリーではその真意を聞くべく、「ドゥルアンキ」と「ベルセルク」について三浦にインタビューを敢行。スタジオ我画にも潜入し、“狂気の描き込み”を生み出す現場を見せてもらった。最終ページには「うらみちお兄さん」の久世岳や「覆面系ノイズ」の福山リョウコの新連載、「ハイスコアガール」の押切蓮介の新作といった、「ドゥルアンキ」とともにヤングアニマルZEROに掲載される作品のラインナップ紹介も。併せてチェックしてほしい。

取材・文 / 三木美波 撮影 / 石橋雅人

「ベルセルク」の連載スピードも上がるんじゃないか

──新連載の「ドゥルアンキ」は“原作&プロデュース”が三浦建太郎、制作がスタジオ我画とクレジットされていますが、具体的にどうやって作っているんでしょう?

スタジオ我画はアシスタントたちも所属する僕の会社で、「ドゥルアンキ」のペン入れはアシスタントたちに任せてるんです。第1話、第2話では僕はネームと下書き、そして最後の修正をやりました。

「ドゥルアンキ」第1話より、三浦建太郎の下書き。第1話ということで、通常よりしっかりと描き込んでいるとのこと。

──修正というと?

今のところすごく力強い線で描く子もいれば繊細な線の子もいたりして1人ひとりの絵柄がバラバラなので、そこを統一しなきゃいけない。それに何かの絵を描くときに構造を省略するような描き方の子や、線が雑でぼやけるような描き方をしちゃったり。“プロデュース”は、アニメでいうと作画監督みたいな立ち位置です。

──全体のクオリティを統一して、担保するイメージですね。アシスタントさんは何名が稼働しているんですか?

通勤が3名、仙台でリモートの子が1名です。

──同じ顔ぶれで「ベルセルク」も描かれていると思いますが、制作体制の違いは?

「ベルセルク」はキャラクターや背景をほとんど自分で描いているんです。アシスタントにやってもらうのは、トーン貼りとか建物、奥の背景や兵士とか……最近は地面もやってもらうようになったかな。

「ベルセルク」カラーイラスト

──「ベルセルク」はヤングアニマル(白泉社)で連載中ですが、毎号は載っていません。「ドゥルアンキ」が始まったことによって、「『ベルセルク』が遅れるのでは?」と思うファンもいるかと思います。

僕はネームがかなり速いタイプで、「ベルセルク」の遅延は作画の問題に集約されるんです。うちのスタッフは実力派揃いですが、いまだに僕がほとんど自分で描いているせいでどんどん遅延を招いていて……。だから「ドゥルアンキ」でアシスタントの腕がもっと鍛えられて、「これだったら大丈夫!」と僕が思えれば、「ベルセルク」にもフィードバックできる。そうしたら「ベルセルク」の連載スピードも上がるんじゃないかと、期待を抱いています。

──「ベルセルク」の作画部分の、三浦さんの比重を下げられると?

ええ、できあがったものが同じクオリティになればいいので。実際、「ドゥルアンキ」でペン入れを任せてみたら随分できるなあってのがわかったんです。ゆくゆくは僕の「ドゥルアンキ」の仕事がネームと最後のチェックだけになるよう、スタッフミーティングを重ねて意識を共有しています。この歳になって、人を使ってちゃんと描くシステムが組み上がっていないのは問題なので、「ドゥルアンキ」は本当にいい機会だと思ってます。

スタジオ我画のもと、アシスタントの名前が載せられるような仕事を作りたい

──「ドゥルアンキ」を連載することになった経緯を教えてください。

「ベルセルク」をやりながら、ほかのマンガのアイデアもいっぱいあって。でもいくら考えてもどうせ忙しくてできないし……とくすぶっていたんですよ。そんなとき、茶飲み話程度に担当さんにそのアイデアの1つを話したら「面白いですね」って言ってもらえて、だったら原作者という手があるじゃん!と。担当さんや編集部の反応がよかったら進めてみようと思って、設定なんかを書いたプレゼン用のノートを2冊作りました。そしたら評判がよかったらしくて「やろう」という話になり、紆余曲折あってスタジオ我画で作画を担当することになりました。ただ今度は人手が足りなくて、今スタッフを募集してます。でもうちみたいに通勤でがっつり仕事しませんかというのは、以前に比べて集めづらくなりました。

「ドゥルアンキ」第1話より。

──スタジオ我画の募集は「正社員になれる方歓迎」ですからね。

そう、「ベルセルク」と「ドゥルアンキ」を連載しているので、ちゃんと安定したお仕事を提供できると思います。それにブラック企業じゃないんだけどなあ……。日本の普通の会社と違って、ちゃんと経験ありで歳を重ねた人は大歓迎ですし、それなりに金額も出せますから。実は「ドゥルアンキ」を始めるにあたり、アシスタントに関して思っていたことがあって。

──それは?

スタジオ我画で、アシスタントの彼らの名前が載せられるような仕事を作りたいと思ってたんです。スタジオ我画でアシスタントは、大好きな絵を描いてちゃんと暮らしが立つ、立派な職業です。うちのスタッフは結婚している子も、都内でマンションを買った子もいます。それに長く続けていて実力も培っているので、メインキャラの下書きやペン入れといったもう少しアシスタントたちが介入できる仕事があったほうがモチベーションにつながる。それを「ドゥルアンキ」で実現できたらと。