コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「FGO」愛が止まらない島崎信長に櫻井孝宏「本当にFateが好きなんだね」

9304

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」先行上映会の様子。左から浅川悠、櫻井孝宏、坂本真綾、鈴村健一、高橋李依、島崎信長、川澄綾子、関智一、内山夕実、植田佳奈、小林ゆう。

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」先行上映会の様子。左から浅川悠、櫻井孝宏、坂本真綾、鈴村健一、高橋李依、島崎信長、川澄綾子、関智一、内山夕実、植田佳奈、小林ゆう。

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」の先行上映会が、去る9月24日に東京・新宿バルト9で開催された。

イベントでは第0話から第2話までの上映に加え、ノンクレジットのオープニング映像、エンディング映像も披露。上映後のトークパートには藤丸立香役の島崎信長、マシュ・キリエライト役の高橋李依、フォウ役の川澄綾子、ロマニ・アーキマン役の鈴村健一、レオナルド・ダ・ヴィンチ役の坂本真綾、ギルガメッシュ役の関智一、エルキドゥ役の小林ゆう、マーリン役の櫻井孝宏、アナ役の浅川悠、イシュタル役の植田佳奈、シドゥリ役の内山夕実という総勢11名が登壇した。冒頭の挨拶では関が「ウルクの民よ、今日は存分に楽しんで帰るがよい!」、浅川が「人間は嫌いですが、今日は仲良くしてあげます」とキャラクターボイスを披露して場内を沸かせ、植田は「本家(ゲーム)では“ギル祭り”が開催中で、1回でも周回したいなか、お集まりいただきありがとうございます」と呼びかけて原作ファンを笑わせた。

まずは高橋が8月に開催された「Fate/Grand Order Fes. 2019 ~カルデアパーク~」で初めて第0話を見たときのことを振り返り、「泣くしかできなかったです。あのとき川澄さんがハンカチを貸してくださって、ありがとうございました」と川澄に頭を下げる。鈴村が「泣かないわけないでしょ、泣かせにいきましたし」と続けると、「ねえ……マシュもですけど、ロマンとダヴィンチちゃんがね……」と島崎が深い感慨を込めた溜息を漏らす。すると鈴村が「そこまでだ! ゲームをやってない人もいるかもしれないから」とネタバレを阻止。感動を語りたいもののネタバレを避けたい島崎は「どこまで何を話していいの!?」と苦悶の表情を見せ、鈴村は「俺たちほぼ暗号でしゃべってるよね(笑)」と物語の奥行きを覗かせた。

鈴村は第0話でロマニを演じる際「大きなものを抱えているのが垣間見えるので、それが彼の中で力に変わっていく、行動に変わっていく瞬間を出していくこと」を最も大事にしたと語り、高橋は「アニメは30分ですが、過ごしてきた年月はもっと経っていて。ロマンが大切に過ごしてくれたあの時間を私も丁寧に演じたいと、時間経過を特に大事にしました」と振り返った。さらに鈴村は「1つだけ言いたいんだけど」と切り出し、「マシュが藤丸のことを慕っているのは、ヒヨコが初めて見た存在を親だと刷り込まれるようなものだって説明されたんだけど、先に俺と会ってるからね!」と島崎に宣言。島崎は「マシュにとって僕は先輩だけど、僕にとっては(ロマニが)先輩です! よろしくお願いします!」と元気よく頭を下げた。

第0話で印象的に使用される曲「色彩」を歌う坂本は、「こんなに長く作品とともに皆さんに愛されるようになってよかったなあって……売れ続けてるし、ありがたいなっていう気持ちです(笑)」と話す。使用されるシーンについて「走馬灯って言葉がぴったりで、マシュの目線になって、自分に起きたことのように思い出せるところが本当に感動的だと思いました」と坂本が語る横で、島崎と高橋が強くうなずく姿も見られた。“フォウ”という独特の声で鳴くフォウを演じる川澄は「『Fate』シリーズ唯一のマスコットなので、毎回かわいくやりたいなって思っています」と語り、「にゃーって言いたいところをこらえていて。猫っぽくないですか?」と問いかけると、関からは「羊っぽい」、櫻井からは「犬っぽい」と口々に異なる感想が上がった。

続く第1話で本格的に登場する藤丸立香。島崎は「第0話の収録で素晴らしいものを見させていただいて、エンジンが暖まった状態で臨めました。物語は楽しいだけじゃないんですけど、僕としてはワクワクした楽しい気持ちでやらせてもらいました」とアフレコを振り返り、「絶対魔獣戦線やばいですね。あれを耐えたウルク人すごい!」とアニメで改めて壮大な世界観や魔獣の恐ろしさを実感したと語る。さらに「イシュタルが、本当に勝手な人だなって(笑)」と感想を述べると、「本当に“女神女神してる”というか、こんなに自由に生きてるんだなって。やってても楽しいです」と植田。「怒るとか笑うとか、ト書きがしっかり書かれてるんですよ。コロコロ表情が変わるから呼吸する暇がなくて」と苦労を明かした。

島崎はさらに「自分がプレイしているときは、マスター礼装を使ったり令呪を使ったりしてるんですけど、こういうサポートをしてるんだってことがアニメで見えてうれしくなりました」と語り出し、「“これがやばい”とか“あっちだ”とか、先んじて察することも多くて。自分にできることを少しでもしようと思って観察してきたからこそ気付けることがあるのかなって、彼の努力を感じました」と感慨を述べる。そんな様子に櫻井が「島崎くんは本当に『Fate』が好きなんだね」と言うと、会場からは笑いとともに大きな拍手が起きた。島崎は照れ笑いしつつも、「レイシフトとかカルデア内の描写とか、1個1個の『これってこうなってるんだ!』が見られて、うれしいよね!」と熱弁し、高橋に「ちょい巻きで」と止められるほどの「FGO」愛を爆発させた。

「マーリンはそよ風に舞う花びらみたいな人なので、スタジオでもリラックスして楽しくやらせていただいています」と語る櫻井は、アフレコ現場でもマーリンと似ていると言われるそう。櫻井が「でも言うときの顔が嫌そうなんですよ」と漏らすと、川澄が「ぴったりだと思いますよ。自信を持ってロクデナシを演じてください」と激励を送る。マーリンとともに行動するアナを演じる浅川は、「いつもと違う感じの役なので、昔から一緒にお仕事をさせてもらっている人たちの前でやるのは、ちょっと恥ずかしいです」とコメント。櫻井に「かわいいよね。こんなこと(演技)できるんだね」と言われると、浅川は「できたんです(笑)。あんまりチームのみんなと絡めない役をやることが多く、人に頼りに行ったりかわいがられたりする役は珍しいので、うれしいです」とはにかむような笑顔を見せた。

過去にアニメで演じてきたギルガメッシュとはまた異なる性格のギルガメッシュを演じる関は「信長くん、どうですか?」と島崎に評価を尋ね、「いつも最高です!」と絶賛されると、「慢心せずして何が王か!」とおなじみのギルガメッシュのセリフを披露してみせる。またアフレコのテストでは関が演じる笑い声につられて周囲が笑ってしまうと島崎が明かすと、関は「笑いの種類がいっぱいあるから、一緒にならないように工夫しています。どういう感じに見下そうかとか、何を見下してるかとか、なんとなく決めて笑うようにします」とギルガメッシュ役ならではのこだわりを語り、「僕にとっては数少ない二枚目キャラなので、女の子に好きでいてもらえる何かをギルガメッシュでつなぎとめようと必死です!」と付け加えて観客を笑わせた。

アニメで初めて声があてられるシドゥリを演じる内山は、「『Fate』シリーズは有名な歴史ある作品ですので、決まったときは夢のような感覚でした。発表されたときの反響にプレッシャーを感じつつ、私なりのシドゥリを精一杯演じています」と胸中を語り、観客からは拍手が送られる。関が「(ギルガメッシュの)恋人とかではないですよね?」と言うと、「ではない!!」と大きな声で否定する島崎。またギルガメッシュと深い縁を持つエルキドゥ役の小林は、「関さん演じるギルガメッシュさんは本当に大切な方で……ここまで大丈夫でしょうか?」とネタバレを怖がりつつ、「エルキドゥさんは私にとっては本当に大切な方なので、一生懸命、大切に演じさせていただいています」と意気込みを述べ、「あとは信長さんのほうに時間をお渡しさせていただいて……」と島崎に譲ろうとする。

すると島崎は「僕、聞きたいことある!」と切り出し、「ロマンとダヴィンチちゃんの絡みがすごく好きなんです。2人の掛け合いがすごく素敵で」と鈴村と坂本に水を向ける。坂本が「ほとんどロマ二としかしゃべってないんですよ。こんなに出演者がいるのに」と答え、さらに島崎が「鈴村さんはどうですか? 本当に息ぴったりだなと思って……」と尋ねると、鈴村が「何かを引き出せって指令を受けてるの? “夫婦だから”みたいなことを言わせたいんでしょ?」とツッコミを入れ、観客からは「ヒュー!」という声が。坂本から「信長くんは現場でも『隣に座ります?』とかって、ソワソワし過ぎなんですよ。そういうのいらないから」と苦言を呈され、関から「俺たちだってめっちゃいじりたいけど、仕事だから知らんぷりしてるんですよ! それを台無しにして!」と叱りつけられた島崎は、「すいません!!」と膝を折った。

司会者から「最後に島崎さんから一言」と言われた島崎は「こんなに話したのに、僕でいいんですか!?」と言いつつも、「2話までだと話せないことが多いので、また先まで進んだところでネタバレを気にせず話せたらうれしいなあと思います」と語り足りない様子。「英霊のみんなが本当にカッコいいんです。一緒に収録すると実感として尊敬するというか、立香はこうやって英雄の背中を見て、憧れて、少しでも前に進もうとしてきたんだなって実感します」と続け、「ゲームの第1部までプレイした皆さんには、楽しくてうれしくて仕方ない、きっと幸せなアニメになると思います。初めて触れるという人も、特に7章はアニメ映えするシーンがたくさんあるので、設定がわからない部分があっても映像やキャラに引っ張られると思います。『Fate』シリーズは掘れば掘るほど金塊が出てくるような作品なので、ぜひこれを機に掘ってもらえれば」と呼びかけた。しかしまだ島崎の弁舌は止まらず、「アフレコ現場でもいろんなことが巻き起こってますし……」と続ける島崎に、櫻井がジェスチャーで巻くように伝えると、島崎は「スタッフ、キャスト一同誠心誠意作っています。今後ともよろしくお願いします!」と早口でイベントを締めくくった。

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」は10月5日よりTOKYO MXほかにてスタート。2020年3月までの連続2クール、全21話で放送される。

※記事初出時、人名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」

TOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビ:2019年10月5日(土)より毎週土曜23:30~
MBS:2019年10月12日(土)より毎週土曜27:08~
※第2話は10月13日(日)深夜放送(予定)、第3話以降は他局と同日放送
AT-X:2019年10月7日(月)より毎週月曜21:30~
北陸放送:2019年10月18日(金)より毎週金曜25:55~

スタッフ

原作:奈須きのこ、TYPE-MOON
監督:赤井俊文
キャラクターデザイン:高瀬智章
アニメーション制作:CloverWorks

キャスト

藤丸立香:島崎信長
マシュ・キリエライト:高橋李依
フォウ:川澄綾子
ロマニ・アーキマン:鈴村健一
レオナルド・ダ・ヴィンチ:坂本真綾
ギルガメッシュ:関智一
エルキドゥ:小林ゆう
マーリン:櫻井孝宏
アナ:浅川悠
イシュタル:植田佳奈
シドゥリ:内山夕実
牛若丸:早見沙織
武蔵坊弁慶:稲田徹
レオニダス一世:三木眞一郎

※島崎信長の崎はたつさきが正式表記。

(c)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

コミックナタリーをフォロー