コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「鉄子の旅」が三陸鉄道を応援!描き下ろしスタンプラリー実施、手ぬぐい販売も

61

実録鉄道マンガ「鉄子の旅」シリーズと三陸鉄道のコラボ企画が展開されている。

三陸鉄道リアス線の開通を記念し、盛駅、釜石駅、宮古駅、久慈駅の4駅で実施されるスタンプラリーには、描き下ろしのスタンプ台紙とスタンプを用意。イラストは「鉄子の旅」の菊池直恵、「新・鉄子の旅」のほあしかのこ、「鉄子の旅 3代目」の霧丘晶が執筆した。すべて集めた人にはオリジナルの「達成記念硬券」を進呈。久慈駅から盛駅まで、直通列車に乗車しても約4時間かかるコースだが、達成すれば三陸鉄道が全線完乗できるという「鉄子の旅」ならではの企画となっている。なおスタンプラリーは台紙及び硬券がなくなり次第終了。

さらに盛駅、釜石駅、宮古駅の3駅ではほあしかのこプロデュースによる「『三鉄』応援手ぬぐい」を販売。三陸鉄道沿線の名物と作中のキャラクターがコラボした1枚となっており、イラストは菊池、ほあし、霧丘が描き下ろしている。価格は税込500円。売り上げは三陸鉄道株式会社の応援金となる。

「鉄子の旅」シリーズは鉄道マニアの横見浩彦が、鉄道に興味のない女性マンガ家を日本全国に連れ回す実録旅マンガ。今年7月に発売予定の「鉄子の旅 3代目」4巻で、18年続いたシリーズに幕を閉じる。

三陸鉄道 各営業時間

盛駅窓口

8:45~18:10 

釜石駅窓口

8:15~18:40

宮古駅窓口

6:45~18:30 

久慈駅窓口

7:30~18:30

宮古駅・三鉄グッズ&土産専門店「さんてつや」

8:00~18:00

コミックナタリーをフォロー