コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「高嶺と花」14巻、2人に襲いかかる沖縄!高杉真宙主演ドラマは来週から地上波放送

104

師走ゆき「高嶺と花」14巻が、本日4月19日に発売された。

花とゆめ(白泉社)にて連載中の「高嶺と花」は、姉に変装した女子高生・花が、天下の大財閥・鷹羽グループの御曹司である高嶺とお見合いをしたことから始まるラブコメディ。14巻で晴れて2人は恋人になり、慣れていない関係にギクシャクしながらも花の家族と高嶺で沖縄旅行に。本編に加え、ザ花とゆめ(白泉社)に掲載された番外編3本も収録されている。

また花とゆめでは創刊45周年を記念し、オリジナルデザインのコースターがもらえるくじ引きフェアを全国の書店にて開催中。フェア参加書店にて対象商品をいずれか1冊購入するごとに1回、くじ引きに参加できる。「高嶺と花」14巻もくじ引きのフェアの対象商品だ。詳細は白泉社公式サイトの該当ページにて確認を。

なお高杉真宙主演によるドラマ「高嶺と花」が、フジテレビにて4月22日24時55分より放送スタート。FODでも配信されている。

コミックナタリーでは花とゆめの創刊45周年を記念し、師走へのインタビュー特集を公開中。「アラサーが高校生に本気で攻めていくのはヤバい」という師走の思いから生まれた、高嶺と花の恋愛を描く際にこだわりとは。また現役の花ゆめ作家の立場から、同誌への思いも聞いた。このほか花とゆめの45年の軌跡がわかるトピックと懐かしの作品を紹介した特集も展開されている。

関連する特集記事

花とゆめ創刊45周年特集 1974年の創刊から2019年までの軌跡を振り返るPR

コミックナタリーをフォロー