コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ業界描く朝ドラ「なつぞら」、音楽は「おそ松さん」など手がける橋本由香利

579

4月からNHK総合ほかにて放送される連続テレビ小説「なつぞら」の音楽を、橋本由香利が担当することが明らかになった。

連続テレビ小説の100作目となる「なつぞら」は、広瀬すず演じる主人公・奥原なつが北海道から上京し、草創期のアニメ業界で働く姿を描く作品。音楽を担当する橋本由香利は「3月のライオン」「おそ松さん」「多田くんは恋をしない」「ユリ熊嵐」など多数のTVアニメで音楽を手がけており、「実写でしかも朝ドラの担当をするとはびっくりです」とコメントを寄せている。

橋本由香利(音楽)コメント

実写でしかも朝ドラの担当をするとはびっくりです。最初の北海道編では、笛や民族的な楽器も使うのでポイントになるといいなと思います。

磯智明(制作統括)コメント

十勝の丘を駆けぬける、爽やかな夏風のようなフレッシュで心地よいメロディを作ってくださいとお願いしました。アニメ作品「おそ松さん」「3 月のライオン」などで素敵な曲をたくさん発表している橋本さんに、満を持して朝ドラを担当して頂きます。お楽しみに!

(c)NHK

コミックナタリーをフォロー