コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

マンガ家アシスタント、裏の顔は暗殺者!奥嶋ひろまさ「アシスタントアサシン」

93

「頂き!成り上がり飯」などで知られる奥嶋ひろまさによる「アシスタントアサシン」の1巻が、本日1月8日に発売された。

マンガボックスにて連載中の「アシスタントアサシン」の主人公は、マンガ家を目指しながらアシスタントの仕事をする“アサシン”こと朝倉真一。そんな彼には、謎の組織からの命を受けて悪人を殺す暗殺者“赤羊”という裏の顔があった。マンガを持ち込んだ編集者からはダメ出しをされ、アシスタント先の売れっ子マンガ家からは怒られ、「はっきり言って背景1枚アげるより 悪人一人殺す方がよっぽど楽だ」という思いを抱えながら、派手に悪人を殺しまくるアサシンの奮闘を描く。

なお1月16日には、奥嶋が原作を務め、SHOOWAが作画を担当するBL作品「同棲ヤンキー赤松セブン」の1巻が発売される。2作の同月発売を記念し、秋田書店は2冊の購入者に奥嶋のイラストとSHOOWAのサイン入りQUOカードを抽選で30名にプレゼント。応募には2冊の帯に付属する応募券が必要で、締め切りは2月15日。

コミックナタリーをフォロー