コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ギャングース」舞台挨拶、高杉真宙“タタキ”シーンに「生きているって感じた」

345

「ギャングース」初日舞台挨拶の様子。左から篠田麻里子、MIYAVI、加藤諒、高杉真宙、渡辺大知、林遣都、山本舞香。

「ギャングース」初日舞台挨拶の様子。左から篠田麻里子、MIYAVI、加藤諒、高杉真宙、渡辺大知、林遣都、山本舞香。

肥谷圭介・鈴木大介原作による実写映画「ギャングース」の初日舞台挨拶が本日11月23日に東京・TOHOシネマズ日比谷にて開催された。

「ギャングース」は、少年院でともに過ごした青年3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を行いながら、裏社会で生きていくさまを描いた作品。舞台挨拶にはサイケ役の高杉真宙、カズキ役の加藤諒、タケオ役の渡辺大知、高田役の林遣都、ユキ役の山本舞香、アゲハ役の篠田麻里子、安達役のMIYAVI、監督の入江悠が登壇した。

印象的なシーンについて、高杉は「最初の“タタキ”のシーンがとても好きで。霧がいっぱい出ていて、どんどんテンションがあがっている感じがして。僕自身も生きているって感じた瞬間だった」と振り返る。またカズキ役の加藤は、半グレ集団のトップ・安達を演じるMIYAVIの迫力に圧倒されたことを語り「オーラがすごくて! 撮影中も安達そのものでいてくださってて。でもカットがかかった瞬間に氷をガリガリ食べていて、本当に強そうなんですよ(笑)」と興奮気味に話す。さらに「MIYAVIさんがぐるぐる歩いている感じが本当に恐竜みたいに強そうで」と実際にMIYAVIの動きをまねしながら説明。「恐竜みたい」を連呼されたMIYAVIは「ぶっ飛ばすぞ!」と脅す演技をして、会場の笑いを誘った。

またアクションシーンが初挑戦だったという渡辺は「かっこよく綺麗に見せるアクションではくて、しがみついたり地味に痛いリアルなケンカのシーンが多くて。すごく泥臭い、生々しいシーンが撮れてよかった」とコメント。また本格的な長回しのアクションシーンがあると知らなかったというMIYAVIも「真っ直ぐにぶつかってくる彼ら3人の心の骨をどうやって折るかが肝でした」と語り、「タケオはなにげに力が強いから痛かった(笑)」と渡辺の演技を振り返る。渡辺が「MIYAVIさんの迫力がすごかったんですよ。自分も気持ちで負けちゃ駄目だなと必死で」と述べると、「お互いミュージシャンなので、セッションしているみたいでしたね」と互いの顔を見合わせた。

情報屋・高田を演じた林は「ちょこちょこ出てきては口数も多くなく得体の知れない男。でも一歩間違えれば命に関わる仕事をしている、っていう雰囲気を出せたらなと思いながら演じていました」と自身の役柄について述べる。さらに撮影現場で高杉の鬼気迫る雰囲気を感じたと振り返り、「僕も(高杉の)上に立ちたかったんで、殴ってやろうと思いまして(笑)。『殴っていい?』って聞いたら『なんでも来てください』と言われて。そのシーンがすごく好きなんです」と語ると、高杉も「覚えてます!」と笑顔を見せた。

入江と2度目のタッグとなる篠田は「最初お会いしたときは“人見知りのおじさん”で(笑)。でも今回は普通におしゃべりができるようになってました」と入江監督の印象を語る。そんな篠田の言葉に、入江が「山本さんにも人見知りと言われたので、そうなんだろうなと(笑)。今回は男臭いチームだったんで、篠田さんや山本さんたち女優陣がいるときはホッとしましたね」と振り返る。また初めてキャバクラ嬢を演じた山本は「キャバクラには行ったことないですし、所作とかもわからなかったので、本物のキャバ嬢の方を見習う感じでがんばって真似しました」と演技が難しかったことを明かし、さらに「ピンヒールでの撮影が大変でした。走ってサイケを追いかけるシーンがあったんですが、カットされました(笑)」と暴露すると、入江は申し訳なさそうに頭を下げた。

「娯楽映画だけど生々しさを意識して作った」と語る入江監督は、「原作に描かれる社会に通底するような貧困や格差、家庭問題はリアルじゃないといけない。高杉くんをはじめ主演の3人には原作者の鈴木さんにも会ってもらいました」と明かす。そして原作を読んだときに衝撃を受けたという高杉は「自分のいる世界なのに知らないことがこんなにあるんだと痛感しました。僕らは(それを)伝えることができる職業なので、そういう現実を伝えていきたいって思って必死に演じました。映画を観終わって劇場を出たときに、見える世界が変わっていたらうれしいです」と観客に語りかけ、イベントの幕を引いた。

なお講談社のWebサイト・Dモーニングでは、実写映画の公開を記念し本日11月23日より「ギャングース」を毎日1話ずつ無料公開中。映画の公開と合わせてチェックしてみよう。

(c)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (c)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

コミックナタリーをフォロー