コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「江戸の検屍官」「ヴィエンナ・コネクション」高瀬理恵、長野でトーク&サイン

42

「江戸の検屍官」「ヴィエンナ・コネクション」の高瀬理恵によるトークショーとサイン会が、6月16日に長野・中島書店高原通り店にて開催される。

これは「江戸の検屍官」最終6巻と、「ヴィエンナ・コネクション」1・2巻が発売されたことを記念して行われるもの。誰でも参加できるトークショーでは制作秘話が聞けるほか、読者からの質問も受け付けられる。またサイン会は「江戸の検屍官」1~6巻、「ヴィエンナ・コネクション」1・2巻のいずれかを購入した人が参加可能。気になる人は足を運んでみては。

「江戸の検屍官」は川田弥一郎が原作を務め、ビッグコミック(小学館)にて連載されていた大江戸推理譚。優れた検屍技術を持つ北沢彦太郎と、女好きの医者・玄海、女絵師・お月が、毎回死体に残された小さな手がかりから事件の真相を究明していく。一方の「ヴィエンナ・コネクション」は、ウィーンを舞台に、新人映画監督の青年・ウルスと、マフィアに雇われた殺し屋・レオを描くアクションヒューマンドラマ。月刊ミステリーボニータ(秋田書店)に掲載された物語だ。

高瀬理恵 トークショー&サイン会

日時:2018年6月16日(土)14:00~
会場:長野・中島書店高原通り店

コミックナタリーをフォロー