コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ダ・ヴィンチ「オトナ女子のための年の差恋愛マンガ」特集に高野ひと深、入江喜和ら

5001

本日5月7日発売のダ・ヴィンチ6月号(KADOKAWA)では、「オトナ女子のための年の差恋愛マンガ」と題した特集が展開された。

特集では「私の少年」の高野ひと深、「たそがれたかこ」の入江喜和、「ヤンキーショタとオタクおねえさん」の星海ユミ、「長閑の庭」のアキヤマ香、「潜熱」の野田彩子、「さよならバイバイ、大好きだったよ。」の世紀末へのインタビューを掲載。加えて高野ひと深は描き下ろしの扉イラストを、入江喜和、星海ユミ、アキヤマ香、世紀末は描き下ろしマンガを寄せている。さらに「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の英貴、「プロミス・シンデレラ」の橘オレコ、「先輩がうざい後輩の話」のしろまんた、「若林くんが寝かせてくれない」の音井れこ丸も描き下ろしマンガを寄稿。ほかにも20代から50代までの4人が年の差恋愛について語る座談会、おすすめ作品を紹介する「厳選!年の差恋愛マンガセレクション」といった企画ページも用意された。

そのほか今号には、「タイムスリップオタガール」の佐々木陽子、「あっぱれ!浦安鉄筋家族」の浜岡賢次がインタビューで登場。「PERSONA5 the Animation」の特集ページでは福山潤宮野真守杉田智和の3人が作品への思いを語っている。また「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」の紹介ページでは安彦良和への、「GODZILLA 決戦機動増殖都市」の紹介ページでは静野孔文監督と瀬下寛之監督へのインタビューを掲載。映画「ママレード・ボーイ」に松浦遊役として出演する吉沢亮も本誌に登場しており、インタビューの中で「ママレード・ボーイ」や、石塚真一「BLUE GIANT」などの感銘を受けたマンガについて思いを述べる。小説家・柚月裕子の特集ページでは、イシデ電が「最後の証人」のワンシーンをコミカライズ。「今月の絶対はずさない!プラチナ本」のコーナーには、篠原健太「彼方のアストラ」が取り上げられた。

なお次号では特集「人間・島耕作の半世紀」を展開予定。連載35周年を振り返るさまざまな企画や、弘兼憲史へのインタビューなどが収められる。

コミックナタリーをフォロー