コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

TV Bros.リニューアル第1号に「ひそねとまそたん」特集、山田尚子インタビューも

101

TV Bros.(東京ニュース通信社)が隔週誌から月刊誌にリニューアル。その第1号となる2018年6月号が、本日4月24日に発売された。

TV Bros.2018年6月号では、テレビアニメ「ひそねとまそたん」を6ページにわたって特集。第1話、第2話のあらすじを含めた作品紹介に加え、総監督を務める樋口真嗣、脚本を担当する岡田麿里のインタビューをそれぞれ掲載している。また川栄李奈渡辺大知ハライチ・岩井勇気など各ジャンルの著名人が“カルチャー”をテーマに語った特集「Culture is Borderless」には、アニメーション監督の山田尚子が登場。公開中の映画「リズと青い鳥」の創作のポイントについて明かしている。

さらにリニューアルに際して新たに用意された、注目のテレビ番組を紹介するコーナー「ススめ!ブロス探偵社」には、ドラマ「宮本から君へ」の原作者・新井英樹と主演・池松壮亮の対談、吉田貴司原作によるドラマ「やれたかも委員会」で能島譲を演じる佐藤二朗のインタビューが掲載された。また音楽、映画、マンガなどの新作をピックアップする「CULTURE BROS.」のコーナーでは、天久聖一がWebマンガサイト・リイドカフェにて連載中の「サヨナラコウシエン」について語っている。

連載陣には久保ミツロウ、能町みね子、ヒャダインによる鼎談「久保みねヒャダこじらせブロス」や、おおひなたごうのマンガ「深海よりもディープなKissを」などが加わった。また俳優・風間俊介の連載コラムのタイトルイラストを、新たに漆原ミチが手がけている。

なおコミックナタリーでは、「ひそねとまそたん」の特集企画を展開中。足立梨花、有野晋哉、イシデ電、大根仁、雁須磨子、栗山千明、戸田真琴、本郷奏多の著名人8名に第1、2話を視聴してもらい、応援コメントを寄せてもらった。

コミックナタリーをフォロー