コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「不能犯」初日舞台挨拶で松坂桃李、沢尻エリカらの“腹黒度数”が判明

136

「不能犯」初日舞台挨拶の様子。左から真野恵里菜、間宮祥太朗、沢尻エリカ、松坂桃李、新田真剣佑、芦名星、白石晃士。

「不能犯」初日舞台挨拶の様子。左から真野恵里菜、間宮祥太朗、沢尻エリカ、松坂桃李、新田真剣佑、芦名星、白石晃士。

宮月新、神崎裕也原作による実写映画「不能犯」の初日舞台挨拶が、本日2月1日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。

「不能犯」は数々の変死事件現場に現れるものの、誰もその犯行を証明することができない不能犯である宇相吹正(うそぶきただし)の犯罪を描くサスペンス。舞台挨拶には、宇相吹正役の松坂桃李、多田友子役の沢尻エリカ、百々瀬麻雄役の新田真剣佑、川端タケル役の間宮祥太朗、木村優役の真野恵里菜、夢原理沙役の芦名星白石晃士監督が登壇した。

舞台挨拶は、主演を務める松坂からの「もうすぐ雪が降る中、ありがとうございます」という感謝の言葉からスタート。「雪が降る前にみんなで帰りましょう。明日の昼ぐらいまで降るらしいのでね。交通が麻痺しちゃうので東京は」とファンや報道陣に呼びかけ、笑いを誘う。そして長かったというプロモーション期間を振り返り「撮影終わってからのほうが大変でした。芝居1割、バラエティ9割みたいな感じだったので(笑)。でもおかげで芸人さんともコミュニケーションが取れるようになりました」と述べる。また本作を「仲良く親子で見れる人殺し映画」と、冗談交じりに語る白石監督は、女性が多い客席の様子を伺い「楽しんでいただけましたか? “人殺し”を楽しんでいただきありがとうございます!」と本作をアピールした。

イベントの中盤、登壇者たちに「好きな食べ物」を問う心理テストが出題された。白石監督はたこ焼き、芦名はステーキ、新田は魚と回答する中、もずく酢と答えた真野に対して、テストの詳細を知っている客席からは大きなざわめきが起きる。観客たちのリアクションに「何!? 手が震えてきた!」とおびえる真野に続き、間宮が鮨と書かれたフリップを掲げると、真野とは対象的に微妙なリアクションを見せる観客に「なんか失笑されてる(笑)」と残念そうな表情を見せた。

そして沢尻が「こってりしたくさいチーズ」、松坂が「僕はマグロの赤身。刺身も握りもテンションが上がりますね」と回答したところで、心理テストの診断内容が明かされた。「好きな食べ物の苦味や酸味が強いほど“腹黒度数”が高いと診断される」と聞かされ、もっとも酸味が強いもずく酢を挙げた真野は、驚きの声を上げながらその場にしゃがみ込む。また松坂から「監督が一番ブラックっぽい感じがしますけどね。たこ焼きって答えはちょっと闇に隠れてますよ」と指摘された白石監督は、間宮からは「たこ焼きは(判断が)難しい!」と、新田からは「お酢をつけて食べるんですよね?」と声をかけられていた。

最後に松坂が「最後までありがとうございます。今日を皮切りに、皆さんに映画を育てていってほしいです。脚を滑らせないように帰ってください」と観客を気遣いながら思いを伝え、舞台挨拶を締めくくった。映画「不能犯」は本日2月1日より全国ロードショー。また全4話のdTVオリジナルドラマ「不能犯」も配信中。

映画「不能犯」

2018年2月1日公開

スタッフ

原作:「不能犯」(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート

キャスト

宇相吹正:松坂桃李
多田友子:沢尻エリカ
百々瀬麻雄:新田真剣佑
川端タケル:間宮祥太朗
木村優:真野恵里菜
夢原理沙:芦名星
夜目美冬:矢田亜希子
河津村宏:安田顕
ほか

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV

コミックナタリーをフォロー