コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「不能犯」松坂桃李の“愚かな行為”に、沢尻エリカが思わず「ワルッ!」

193

「不能犯」完成披露試写会にて、左から白石晃士、矢田亜希子、新田真剣佑、松坂桃李、沢尻エリカ、間宮祥太朗、芦名星。

「不能犯」完成披露試写会にて、左から白石晃士、矢田亜希子、新田真剣佑、松坂桃李、沢尻エリカ、間宮祥太朗、芦名星。

宮月新、神崎裕也原作による実写映画「不能犯」の完成披露試写会が、本日12月21日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた。

「不能犯」は数々の変死事件現場に現れるものの、誰もその犯行を証明することができない不能犯である宇相吹正が主人公のサスペンス。試写会ではキャストによる舞台挨拶も行われ、宇相吹正役の松坂桃李、多田友子役の沢尻エリカ、百々瀬麻雄役の新田真剣佑、川端タケル役の間宮祥太朗、夢原理沙役の芦名星、夜目美冬役の矢田亜希子白石晃士監督が登壇した。

イベントでは「呪いや洗脳など、実証が困難な手口で殺しを請け負う」という宇相吹のキャラクター設定にちなみ、松坂が“立証不可能”な方法で登場。スポットライトが当たる中、アシスタントが空っぽの4つの箱を積み上げた後、同時に開いた箱の中からスモークとともに松坂が出現し観客を驚かせる。この登場方法について、松坂は大量のスモークにむせながら「素人がやるものじゃないです(笑)」とこぼした。

また宇相吹というキャラクターについて松坂は、「欲や業にまみれた人たちを死にいざなっていく立ち位置の役で、演じていて楽しかったですね。(死にいざなう際に)宇相吹が笑みをこぼす理由が分かるなという気がしました」と振り返る。白石監督は松坂に対して「宇相吹はここぞというときに出てくるキャラなので、現場では(撮影がすぐに終わって)早く帰る日も多かったですね。『俺、主役ですよね?』って時々漏らしてましたね。でも完成品を観たら主役になってたでしょ?」と問いかける。この発言に対し松坂は「すごい気にしてる人みたいに聞こえるからやめてくださいよ(笑)。こういう出方は新鮮だなと思いながらやっていましたよ」と慌ててコメントした。

宇相吹が唯一コントロールできないキャラクターとして登場する沢尻は、松坂との撮影を「すごい怖かったです。そのままキャラクターが出てきたんじゃないかというくらいぴったりで、どう接していいかわかりませんでした」と振り返る。一方で劇中で松坂と対峙することがなかったという新田は「(宇相吹の能力には)多分かからないと思います。うん……勝てる……」と弱々しくつぶやき、会場を笑わせた。

その後「愚かだね、人間は」という宇相吹の決めゼリフに絡め、登壇者が「これまでやってしまった愚かな行為」を告白しながらトークを展開。「その手の話はいっぱいある」という沢尻が「自分で自分を疑ったことがあって……」と語り始めると、周囲は「いいフリですね!」と期待をふくらませる。そして「新居に引っ越したときに新車を買ったら、ガレージにどうしても入らなくて。どうしようもないから別に駐車場を借りました。どうして前もってそういうことを調べられなかったんだろう(笑)」と笑いながら告白。松坂は「行為というか考え方なんですけど……」と前置きして、「(東京の)鎗ヶ崎の交差点あたりを歩いていたら、スケボーをやっている人が多くいたんです。『危ないなあ』って思いながら見ているうちに、『転べ転べ』って思っちゃって。実際に転んだら『しゃー転んだ!』って感じてしまいました」と明かすと、沢尻は思わず「ワルッ!」とツッコミを入れる。松坂は申し訳そうな表情で「ちょっといかんなと感じたんですけど、『ほーら、そんな危ないことしてっから!』って思ってしまって(笑)。よくないですね、そういう感情は」と懺悔した。

映画「不能犯」は2018年2月1日に全国ロードショー。なお明日12月22日より全4話のdTVオリジナルドラマ「不能犯」も配信される。

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV

コミックナタリーをフォロー