コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

近藤ようこ&唐沢なをき、ビーム帰還!近代文学のコミカライズ2作が始動

110

近藤ようこ「蟇(がま)の血」、唐沢なをき「僕らの蟹工船」という新連載2本が、本日8月12日発売の月刊コミックビーム9月号(KADOKAWA)でスタートした。

「蟇の血」は、怪談作家・田中貢太郎による同名小説のコミカライズ作品。高等文官試験を控えた青年・三島譲が、気晴らしに訪れた海岸でどこかはかなげな女性と出会ったことから物語が動き出す。「五色の舟」「死者の書」に続く、近藤の文学コミカライズに期待したい。

一方の「僕らの蟹工船」は、小林多喜二の「蟹工船」をモチーフにした“ユカイに学べるプロレタリア漫画”。「地獄」と呼ばれる漁船での悲喜こもごもが、作業員がイケメンばかりだったり、悪臭や吐瀉物を薔薇の花で表現したりといった、唐沢ならではのポップなタッチで描かれる。

そのほか今号では、森泉岳土「報いは報い、罰は罰」が最終回を迎えた。単行本は10月に上下巻で発売される。

コミックナタリーをフォロー