アニメ「クジラの子らは砂上に歌う」PVやスタッフなど解禁、新刊は本日発売

1941

梅田阿比原作のテレビアニメ「クジラの子らは砂上に歌う」は、10月から放送されることが決定。またティザービジュアル、ティザーPV、メインスタッフ情報が公開された。

アニメ「クジラの子らは砂上に歌う」ティザービジュアル (c)梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

アニメ「クジラの子らは砂上に歌う」ティザービジュアル (c)梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

大きなサイズで見る(全4件)

2013年より月刊ミステリーボニータ(秋田書店)にて連載中の「クジラの子らは砂上に歌う」は、砂の海に覆われた世界を舞台とするファンタジー。砂上を漂う漂泊船・泥クジラには、感情を源とする超能力“情念動(サイミア)”を有する代わりに短命な「印(シルシ)」と、能力を持たないが長命の「無印(むいん)」という種族が暮らしていた。外の世界を知らないまま、泥クジラの上で短い一生を終えると信じていた記録係の少年・チャクロが、泥クジラに漂着した廃墟船の中で1人の少女・リコスと出会ったことから物語が動き出す。

ティザービジュアルにはチャクロとリコスが描かれ、3分超のティザーPVでは彼らの声を聴くことができる。アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当。監督はイシグロキョウヘイ、シリーズ構成は横手美智子がそれぞれ務める。

また梅田のコメントも到着。「もしかしたら少しだけショッキングな内容もあるかもしれませんが、それでもテレビの前でチャクロやリコスたちに寄り添って、一緒に砂の海で暮らしているような気持ちになってもらえたなら、原作者としてとても幸せです」と思いを語った。

なお原作マンガ「クジラの子らは砂上に歌う」の最新9巻は本日3月16日発売。文教堂、アニメイト、書泉・芳林堂書店、有隣堂、くまざわ書店では購入者にそれぞれ異なるペーパーが配布されるほか、書泉ブックタワー、書泉グランデ、芳林堂書店高田馬場店では9巻の複製原画を展示。さらに単行本の購入者には、複製原画が抽選でプレゼントされる。詳細は書泉のサイトで確認を。

この記事の画像・動画(全4件)

梅田阿比コメント

大人の方も若い方も、男性も女性も、原作の読者さんも知らない方も、楽しめるお話だと思います。もしかしたら少しだけショッキングな内容もあるかもしれませんが、それでもテレビの前でチャクロやリコスたちに寄り添って、一緒に砂の海で暮らしているような気持ちになってもらえたなら、原作者としてとても幸せです。

テレビアニメ「クジラの子らは砂上に歌う」

原作:梅田阿比(秋田書店「月刊ミステリーボニータ」連載)
監督:イシグロキョウヘイ
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:飯塚晴子
美術監督:水谷利春(ムーンフラワー)
音楽:堤博明
アニメーション制作:J.C.STAFF

全文を表示

関連記事

梅田阿比のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 梅田阿比 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。