コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「バーナード嬢曰く。」SFマガジンの表紙に、VR/AR題材の描き下ろしも掲載

104

施川ユウキが描き下ろした「バーナード嬢曰く。」の特別編が、本日10月25日発売のS-Fマガジン12月号(早川書房)に掲載されている。

「バーナード嬢曰く。」はバーナード嬢こと町田さわ子と読書家の友人たちが、古今東西あらゆる本への愛と「読書家あるある」を披露する名著礼賛ギャグ。作中でSF作品も多数取り上げられている。描き下ろしマンガでは、S-Fマガジン12月号の特集に合わせて「VR/AR」ネタが披露された。

なおS-Fマガジン12月号では「VR/AR」に関連した小説、映画、アニメ、ゲームなどを取り上げるメディア別ガイドも掲載。マンガの枠ではクラフト団原作・やまと虹一作画「プラモ狂四郎」、徳弘正也「狂四郎2030」、花沢健吾「ルサンチマン」、星野茂樹原作による石井さだよし「解体屋ゲン」といった作品が紹介されている。

コミックナタリーをフォロー