コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

久米田康治、ほぼ全連載作網羅の画集「悔画展」を刊行!作品展やサイン会も

1263

久米田康治の初の画集「悔画展」が、6月末に発売される。

画集はデビュー作の「行け!!南国アイスホッケー部」から最新作の「かくしごと」まで、ほぼ全連載作を網羅。エンドカードやトリビュートとして寄稿した貴重なイラストも多数収録される。さらに全イラストに久米田のコメントが付き、巻末に1万字のロングインタビューも掲載。初版には限定特典も。

また「悔画展」の刊行を記念し、作品展も7月2日から8月14日まで東京・青山のギャラリーGoFaにて開催。「一挙後悔中 ~さよなら久米田先生~」と題し、7月2日から7月24日まで「行け!!南国アイスホッケー部」「かってに改蔵」「さよなら絶望先生」「じょしらく」、7月26日から8月14日まで「さよなら絶望先生」「せっかち伯爵と時間どろぼう」「かくしごと」「なんくる姉さん」の原画や高精細な出力画が展示される。記念グッズの販売も行う。チケットは5月28日12時から、ローソンチケットにて販売スタート。

さらに「かくしごと」1巻が6月17日に発売されることを記念し、サイン会の実施も決定。詳細は6月6日発売の月刊少年マガジン7月号(講談社)にて発表される。

「一挙公開中 ~さよなら久米田先生~」

会期:2016年7月2日(土)~8月14日(日)
会場:GoFa
※毎週月曜日定休(祝日を除く)

コミックナタリーをフォロー