コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「僕街」舞台挨拶で有村架純がカメラマンに!藤原竜也からは「普通(笑)」

207

カメラマンに挑戦する有村架純(左)と、それを見守る藤原竜也。

カメラマンに挑戦する有村架純(左)と、それを見守る藤原竜也。

三部けい原作による実写映画「僕だけがいない街」のヒット記念舞台挨拶が、本日3月24日に東京・丸の内ピカデリーにて行われた。

藤沼悟役の藤原竜也、片桐愛梨役の有村架純、平川雄一朗監督が登壇すると、事前に司会者と打ち合わせていた観客からは「大ヒットおめでとう!」の声が飛び、突然のサプライズに3人は笑顔を浮かべる。ヒットの要因を聞かれた藤原が「架純パワーじゃないですかね?ありがとう!」と有村に感謝を述べると、有村は恐縮しながら「原作ファンが期待しに見に来てくださってるのと、竜也さんファンの方が来てくれてるのではないかと思います」と返答した。

劇中で有村が演じる愛梨の「言葉って口に出して言っていると本当になる気がする」というセリフにちなみ、司会から「夢を実現させるためにがんばったことはありますか?」と聞かれると、有村は「高校時代に何度もオーディションに落ちて、高2になって進路を決めなきゃいけなかったので『次のオーディションがダメだったら潔く大学に進学しよう』と決めて受けたオーディションが無事に受かって、いまこうやってお仕事してるので、愛梨の夢を追いかける仕事には共感できました」とエピソードを披露。

続いて映画のキャッチコピーが「あの日をもう一度生きることができたなら、今度は手を離さない。 」であることから、3人で固く手を繋いでマスコミ向けの撮影に応じる。有村演じる愛梨はカメラマン志望という役柄にちなみ、ここで有村がカメラマンとして2人を撮影することに。

カメラを持った有村は「笑ってください」「ポーズ撮ってください」と注文を付けながら撮影を終え、「(自分が撮影されるときに)カメラマンの人が『ああしてください』『こうしてください』って言う気持ちがわかりました」と振り返る。撮影された藤原は「まあ、普通でしたよ(笑)」と辛口コメントで会場を笑わせた。

最後に映画に関してのコメントを求められると、平川監督は「若い人にもおじいちゃんおばあちゃんにも、家族で見ていただいてもわかる映画だと思うのでたくさんの人に見てもらいたい。どうか皆さん力を貸してください」とヒット祈願。

有村は「この映画の登場人物はみんな勇気を持って生きていると思う。勇気が自分の可能性を生んでくれると思うので、新学期を迎える方や新社会人も、勇気を持って帰ってくれたらうれしい」、藤原は「今日で宣伝活動が最後。この3カ月ぐらいで皆さんにたくさんの力をいただいて非常に感謝しています。映画とは関係ないかもしれないけど、春を迎えて、みなさんにいいことがあることを願っています」と、新生活を迎える人々へメッセージを送った。

「僕だけがいない街」は、時間が巻き戻る不思議な現象“再上映(リバイバル)”に悩まされる青年・藤沼悟が時空移動を繰り返し、とある事件の真相に迫っていく姿を描いたサスペンス。原作マンガはヤングエース(KADOKAWA)にて連載中で、テレビアニメもフジテレビのノイタミナ枠ほかで放送されている。

なおコミックナタリーでは、映画「僕だけがいない街」の特集記事を展開中。主人公・藤沼悟役を演じた藤原竜也と、映画を観たNON STYLE井上裕介のインタビューを掲載している。

関連する特集記事

映画「僕だけがいない街」藤原竜也、NON STYLE井上裕介インタビューPR

(c)2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

コミックナタリーをフォロー