コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

千葉コズエがベツコミで新連載スタート、「恋するハリネズミ」は最終回

97

「くれよん・でいず~大キライなアイツ~」「恋とか、キスとか、カラダとか。」などで知られる千葉コズエの新連載「今日から門限7:00です」が、本日11月13日発売のベツコミ12月号(小学館) にて開幕した。

「今日から門限7:00です」の主人公・冬花(とうか)は母子家庭で育った女子高生。しかし病弱だった母親は亡くなり、母親との思い出が詰まった家で冬花は1人暮らしを始めることになる。と思っていた矢先、帰宅した家では見知らぬ男が家事をしていて……。同誌では初連載となる千葉の、心温まる同居ストーリーに注目だ。

そのほか今号ではヒナチなお「恋するハリネズミ」と、加賀やっこ「花に、かみつく」、吉川キュウ「恋じゃないはずがなかった」が最終回を迎えた。なお次号には「恋するハリネズミ」の完結を記念した原画集が付属するほか、ヒナチの新作読み切り「岩田のくせに調子に乗るな!」を掲載。加賀やっこは早くも新連載「ゆれるるる」をスタートする。

コミックナタリーをフォロー