「009VSデビルマン」永井豪から「やっちまえー!」と石ノ森への本音飛び出す

464

石ノ森章太郎「サイボーグ009」と永井豪「デビルマン」がコラボレートした新作アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」の舞台挨拶が、本日10月24日に新宿バルト9にて行われた。

(左から)飛鳥了役の日野聡、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、永井豪、島村ジョー(009)役の福山潤、フランソワーズ・アルヌール(003)役のM・A・O、川越淳監督。

(左から)飛鳥了役の日野聡、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、永井豪、島村ジョー(009)役の福山潤、フランソワーズ・アルヌール(003)役のM・A・O、川越淳監督。

大きなサイズで見る(全12件)

公開から1週間経った本日、舞台挨拶には島村ジョー(009)役の福山潤、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、飛鳥了役の日野聡、フランソワーズ・アルヌール(003)役のM・A・O、川越淳監督、そして永井豪が登壇した。本作のイベントに初めての出演となる永井は「作品の出来を心配していたんですけど、期待に違わず傑作ができたので本当にうれしいです」と本作への感想を述べる。

(左から)永井豪、飛鳥了役の日野聡、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤。

(左から)永井豪、飛鳥了役の日野聡、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤。

また過去に石ノ森のアシスタントを務めていた永井は「デビルマンがジョーを掴んだときは、つい『やっちまえー!』と言ってました(笑)。アシスタント時代は本当に寝る時間ない、食べる時間ない、休む時間ない……。恐ろしい時間を過ごしてましたので、つい本音がでてしまいました」と語り、キャスト陣と会場の笑いを誘った。

永井豪

永井豪

続いて原作者の1人として本作をどう観たか問われると「アニメで久々に興奮したなと。最後の最後まで展開が読めなかったので、非常に楽しんで観ることができました」と笑顔を浮かべる。さらに今回出演したキャスト陣の演技に対して「歴代の役者の方々にも引けをとらない、素晴らしい演技で感動しました」と太鼓判を押す。緊張した様子で話を聞いていた浅沼は「今日はよく眠れそうです!」と安堵の表情を浮かべたあと、会場の記者陣に「今のちゃんと書いておいてくださいね」とアピールも忘れない。

(左から)デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤、フランソワーズ・アルヌール(003)役のM・A・O、川越淳監督。

(左から)デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤、フランソワーズ・アルヌール(003)役のM・A・O、川越淳監督。

さらに以前行われたイベントにて、M・A・Oが浅沼演じる不動明を「ジョーとはまた違う男らしさがあっていい」と評したエピソードが振り返られると、本作の見どころを聞かれた日野が「やっぱり浅沼くん演じるデビルマンのワイルドさですね」と乗っかる。記者たちに向かって「『日野聡、浅沼晋太郎にメロメロ』と書いておいてください」とアピールも加え、会場からは笑いが巻き起こった。

最後の挨拶で福山は「永井先生と一緒に登壇するなんて、自分が子供の頃にそんなこと考えてもいなかった」と感激の様子が伺えるコメント。作品に対する熱い思いを語りながら「こういった夢のような企画が実現したっていう1つの奇跡を、奇跡で終わらせないためにも、この作品を皆さんぜひ一緒に盛り上げていってください」と観客たちにメッセージを送った。

(左から)永井豪、飛鳥了役の日野聡、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤。

(左から)永井豪、飛鳥了役の日野聡、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤。

さらに永井は「面白かったので、もう一度戦うわけにいかないですかね?」と次回作に期待を寄せる発言。続く監督は「さっき日野さんが『浅沼さんラブ』と言ってましたが……」と切り出し、浅沼から「話大きくなってませんか!?(笑)」と突っ込みを受けながらも、「(日野の発言は)原作において飛鳥了と不動明の関係性にもかぶってくるものがあると思うので、その辺を深く掘り下げて次回作を」と冗談交ぜつつ次回作に対しての意欲を見せ、会場には大きな拍手が鳴り響いた。

全3話となる「サイボーグ009VSデビルマン」は10月17日より2週間限定でロードショー。新宿バルト9ほかにて上映されている。

この記事の画像(全12件)

関連記事

関連商品

リンク

(c)2015「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会