コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「サイボーグ009VSデビルマン」完成披露「途中までドッキリだと思ってた」

210

作品のテーマである“VS”をテーマにポージングを決める、(左から)デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤。

作品のテーマである“VS”をテーマにポージングを決める、(左から)デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、島村ジョー(009)役の福山潤。

石ノ森章太郎「サイボーグ009」と永井豪「デビルマン」がコラボレートした新作アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」の完成披露上映会が、本日10月5日に新宿バルト9で行われた。

上映会前のトークショーには島村ジョー(009)役の福山潤、デビルマン/不動明役の浅沼晋太郎、川越淳監督が登壇。始めに福山が「『サイボーグ009VSデビルマン』という衝撃作で、まさか島村ジョー役をやらせてもらえるなんて思ってもいなかった福山潤です」と挨拶すると、「同じくまさか衝撃作に出演すると思ってなかったデビルマン/不動明役の浅沼晋太郎です」「僕もまさかこんな作品をやると思っていなかったんでビックリしてます(笑)。川越です」と続き会場の笑いを誘う。

作品に出演が決まったときの感想を聞かれると、福山は「島村ジョー役のオーディションを受けるということに緊張感もあったんですけど、その前にタイトルが衝撃的すぎて。鈍器で殴られたような衝撃を感じました」と当時を振り返る。浅沼も「途中までドッキリだと思ってましたから。今ここ(床)がパーンって開いて3人とも落ちて、お客さんが『(ドッキリ)大成功』って言ったら、お金かけていただいてありがとうございますってなるくらいなんですけど(笑)」と、冗談交じりに作品に対する衝撃の大きさを語った。

さらに川越監督も「(制作の話を聞いたときは)『えー!』ってビックリして。両方大好きで大切な作品なので、お祭りにしてしまっていいのかと思いました」とコメント。また福山と浅沼の演技について「(福山は)『加速装置』というセリフの叫び方が、今まで島村ジョーを演じてきた方とはちょっと違っていて。この解釈はいいなと思ってビックリしました。浅沼さんはもう、デビルマンと不動明の演じ分けが素晴らしい」と太鼓判を押した。

これまでにも多くの声優や俳優が演じてきた、歴史あるキャラクターを務めることになったことに対し、福山は「プレッシャーはもちろんあるんですけど、先輩たちが演じられてきたものがあったからこそ、自分は自分の解釈で取り組んでいいんじゃないかと思えた」と述べる。浅沼も「監督の作り上げた今のビジュアルのデビルマンに命を吹きもこうと思ったので、まだこの作品に触れたことのない、若い方たちにも受け入れてもらえるようなものを新しく作ろうという感覚で演じました」と思いを語った。

また好きなシーンについて聞かれると、福山は「冒頭のシーンの破壊力がハンパないので。そこで皆さんがつかまれてくれたら、そのまま最後までいくんじゃないかと思います」と推薦する。浅沼は「ラストに出てくるキャラは、僕もじゅんじゅん(福山)も『おお』ってなりましたね」と触れつつも、上映前ということでネタバレができないことから「嘘を言いましょうか。最後にキューティーハニーが出てきます」と冗談を言う。しかし今作もビッグタイトルのコラボによるアニメのため「嘘じゃないかもしれない(笑)」と福山が笑うと、「次はやりたいですね」と川越監督が乗っかってみせる一幕も見られた。

最後に福山は「この衝撃作を皆様に観ていただける日が来た、それがただただうれしいです。ぜひとも我々の熱意、魂を観て受け取ってください」とメッセージを送った。全3話となる「サイボーグ009VSデビルマン」は10月17日より、新宿バルト9ほかにて2週間限定で上映される。

(c)2015「サイボーグ 009VS デビルマン」製作委員会

コミックナタリーをフォロー