コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「QUO VADIS」連載100回を高橋留美子、山岸凉子、島本和彦らがお祝い

48

本日6月30日に発売された月刊バーズ8月号(幻冬舎コミックス)にて、新谷かおる原作による佐伯かよの「QUO VADIS~クオ・ヴァディス~」が連載100回を迎えた。

「QUO VADIS~クオ・ヴァディス~」は自然出生率が0%となってしまった未来の世界で、終末の歴史を変えんと奔走する人々を描くサスペンスファンタジー。今号では連載100回達成を記念して、高橋留美子山岸凉子島本和彦いがらしゆみこ石川サブロウ、あおいれびん、魚戸おさむ立野真琴樋口大輔文月今日子武論尊本庄敬村上もとかがお祝いのイラストやコメントを寄せた。また新谷と佐伯による対談も掲載されている。

このほか今号には冬目景が読み切り「Apartment of the Dead アパート・オブ・ザ・デッド」で登場。月子「トコナツ」は最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー