コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

原鮎美描くファンタジー「石精綺譚」単行本化

52

原鮎美の単行本「石精綺譚」が本日10月14日に発売された。

「石精綺譚」は、女子大生2人を主役にした現代もの「でこぼこガーリッシュ」で知られる原のファンタジー作品。睨んだものを石化させてしまう動物・石精が存在する世界で、人間でありながら石精の力を持った少年・フィーカの苦悩が描かれた。単行本には12ページの描き下ろしが収録されている。

なお久慈光久「狼の口~ヴォルフスムント~」6巻と、ハルタ(KADOKAWA エンターブレイン)のVol.18も本日発売された。一部の書店では、ハルタVol.18に購入特典として「石精綺譚」「狼の口~ヴォルフスムント~」を含む、複製原画5枚セットが付く。

コミックナタリーをフォロー