コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「夏雪ランデブー 番外編」で河内遙原画展、帯は小玉ユキ

175

河内遙の新刊「夏雪ランデブー 番外編」が、明日11月8日に発売される。これを記念し、同日よりSHIBUYA TSUTAYAにて原画展が行われる。

原画展では「夏雪ランデブー 番外編」のカバーイラストや、フィール・ヤング(祥伝社)の巻頭カラー扉絵など、河内と担当編集が厳選した原稿を展示。なおSHIBUYA TSUTAYAでは11月16日に河内のサイン会も開催を控えており、整理券は明日より同店で「夏雪ランデブー 番外編」を購入した先着150名に配布。事前予約は受け付けない。

「夏雪ランデブー」は花屋でバイトする青年・葉月亮介と、花屋の店長で未亡人の島尾六花、そして六花の夫・島尾篤の亡霊が織り成す三角関係を描いた純愛劇。「夏雪ランデブー 番外編」には、夫婦となった葉月と六花のその後や、島尾の過去などさまざまなエピソードのほか描き下ろしも収録される。帯には小玉ユキがイラストと推薦コメントを寄せた。

河内遙原画展

期間:2013年11月8日(金)~11月24日(日)
会場:SHIBUYA TSUTAYA
住所:東京都渋谷区宇田川町21-6

サイン会

期間:2013年11月16日(土)13:00~
会場:SHIBUYA TSUTAYA

コミックナタリーをフォロー