音楽ナタリー

ゆるめるモ!ミニアルバム発売を告知、新バンド従えたワンマンツアーで決意表明

1549

「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(撮影:後藤壮太郎)

「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(撮影:後藤壮太郎)

ゆるめるモ!が6月にミニアルバム(タイトル未定)をリリースし、その新作を携えてツアーを行うことが明らかになった。

これらの情報は本日4月2日の愛知・RAD HALL公演をもって終了した、東名阪ワンマンツアー「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」の各会場で発表されたもの。アルバムの詳細は現時点で未定。ツアーの詳細も後日発表となるが、大阪公演は7月9日にESAKA MUSE、東京公演は7月23日に東京・赤坂BLITZで開催されるという。

なお「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」は3月15日に発売されたシングル「孤独と逆襲EP」を携えて行われたもので、全公演生バンド編成という彼女たちにとって初の試みのツアーとなった。バンドメンバーはくるりのサポートギタリストである松本大樹(G)、 FLiPのギタリストで現在LAZYgunsBRISKYで活動するYuko(G)、ベーシストのshioRi(B)、ROCK'A'TRENCHのオータケハヤト(Dr)という布陣で、このメンバーは全員、ゆるめるモ!のバックで演奏するのは今回が初。この記事ではここから、3月26日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催された東京公演の様子をレポートする。

ライブが始まると、これまでおなじみになっていた曲とはまったく違うハードなサウンドのオープニングSEが会場に鳴り響き、メンバーがステージに駆け込んでくる。「最初からぶちかましていくぞ!」というようなぴの声と共に「id アイドル」からライブがスタートし、4人のメンバーはモニター脇の箱に足をかけてヘッドバンギングをしながら熱唱。アグレッシブなメンバーのパフォーマンスを受けて、オーディエンスのコールも激しさを増す。その後も彼女たちは「Hamidasumo!」「不意打て!!」とハイテンションなナンバーを連発。エッジの効いたタイトなバンドの演奏をバックに、かつての彼女たちのイメージだった“ゆるさ”を感じさせない力強いステージが繰り広げられた。

その後のMCでしふぉんは、このツアーについて「名古屋と大阪は完売したんだけど、O-EASTは完売できませんでした。自分たちはライブを大事にしてるって言ってるのに、それを伝えられなかった結果なのかなと、その事実を受け止めてます。でも後ろまでぎっしり人がいるじゃん。私すごくうれしくて。目の前にいるゆるめるモ!を観に来てくれたみんなに最後まで気持ちを伝えたいと思うんでよろしくお願いします」と挨拶。ようなぴは「『孤独と逆襲EP』っていうシングルと今回のツアーは私たちの新しいスタート地点だと思ってて。もう甘えたこと言えないなとか、そんな気持ちでここからスタートしていこうと思ってるので、今日来てくれた1人ひとりには『これから期待できるかもな』っていうのを見せられるように、いいライブを見せたいと思います」と宣言した。

アッパーな序盤と打って変わって、中盤は「孤独と逆襲EP」収録の新曲「孤独な獣」や、バンドアレンジされた「もっとも美しいもの」など壮大なイメージの楽曲を連発。その後の「孤独と逆襲EP」収録の「震えて甦れ」で、彼女たちは「何度も負けたけれど立ち上がるよ」と気持ちを込めて力強く歌い上げた。終盤パートは「スキヤキ」「たびのしたく」といったキラーチューンが続き、フロアにモッシュが発生。そして本編最後に「Only You」が披露されると、ようなぴが「みんなとのつながりをここで証明してみせる!」と叫び、あのがオーディエンスに向けてダイブ。しふぉんも観客の上に立って歌唱し、4人のメンバーカラーをイメージした赤、紫、青、銀色のテープがフロア向けて発射された。

アンコールではメンバーが1人ずつステージから観客に挨拶。ようなぴは「『ゆるめるモ!は変わった』と言われることが目に付いたりするんですけど、人間だし生きてたら変わらないことのほうが難しいと思う。ゆるめるモ!がゆるめるモ!としてこれからも存在し続けるために、私たちは変わろうとしているんです」と今の気持ちを明かした。けちょんは、ゆるめるモ!が初めてライブをやった会場が渋谷だったが、ツアーで渋谷に来たのはこの日が初めてだったと回想。あのが「てえへんだ!底辺だ~ ツアー」というツアータイトルについて「何が底辺でどこが底辺じゃないかはわかんないけど、自分は社会において底辺だと言われてる。でも底辺は底辺なりに、みんなのおかげでこんないい景色が見れてる。底辺は最高だー!」と語ると、会場から拍手が沸き起こった。

しふぉんは「自分たちを観て泣いてくれたり笑ってくれたり、ライブを通してそういう感情を共有できる空間ってホントに大切だなと思う。改めてゆるめるモ!のしふぉんとしてライブできてホントに幸せです」と観客に感謝。その言葉に付け加えるようにようなぴが「一緒にやってきたアイドルグループさんも解散したりメンバーが卒業したり、いろんな形でいなくなっちゃう中で、ゆるめるモ!がここに存在し続けられてるのはホントに奇跡だと思ってて。でもそれを奇跡のままにしちゃいけないので、自分たちの意志でゆるめるモ!を続けていこうと思います」と誓った。その後「私へ」「ナイトハイキング」の2曲をパフォーマンスしたのち、彼女たちは新バンドメンバーと並んで手をつなぎ観客に一礼。彼女たちを称える大きな拍手に包まれながらライブは終幕した。

ゆるめるモ!「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」2016年3月26日 東京都 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. id アイドル
02. Hamidasumo!
03. 不意打て!!
04. 私の話、これでおしまい
05. アントニオ
06. 人間は少し不真面目
07. 孤独な獣
08. もっとも美しいもの
09. OO(ラブ)
10. 震えて甦れ
11. スキヤキ
12. たびのしたく
13. Only You
<アンコール>
14. 私へ
15. ナイトハイキング

ゆるめるモ!夏ツアー(仮)

2017年7月9日(日)大阪府 ESAKA MUSE
2017年7月23日(日)東京都 赤坂BLITZ
and more

音楽ナタリーをフォロー