音楽ナタリー

信近エリが6年の沈黙破り活動再開、rhythm zoneと契約

571

信近エリがrhythm zoneと契約し、アーティスト活動を再開することが明らかになった。

信近エリは1985年生まれ、福岡県出身のシンガー。2004年に大沢伸一の全面プロデュースによるシングル「Lights」でデビューし、2009年にリリースした2ndアルバム「hands」では、さかいゆう、大橋トリオ、高田漣、沖仁、小島大介(Port of notes)らのプロデュースのもと制作を行い自らも作曲を手がけた。それ以降は「4歳くらいからずっと歌手になることを夢見て、ずっと歌しかやってこなかったので、歌以外のことをやってみようと思った」という理由から歌手活動を停止し、一般の日常生活を送っていたという。

しかし2013年頃、彼女の中に「歌でもっとやれたことがあったんじゃないか」という思いが芽生え、再始動に向けた活動をスタート。4月14日放送のフジテレビ系「水曜歌謡祭」でひさびさに表舞台に姿を見せ、変わらぬ歌唱力の高さを発揮した。なお、彼女はこの番組に“水曜シンガーズ”としてレギュラー出演する。

現在、信近の新たなオフィシャルサイトとYouTube公式チャンネルではデモンストレーション映像を公開中。動画では薬師丸ひろ子「Woman “Wの悲劇”より」、松任谷由実「ルージュの伝言」、井上陽水「氷の世界」などのカバーとオリジナル曲計8曲のデモ音源が試聴できる。これらはすべて、スタッフの紹介でつながったゲントウキの田中潤とともに制作された。今後のリリースは未定だが、ファンはこれからの動向を楽しみにしておこう。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】