音楽ナタリー

赤西仁、上半身裸で“レーザーギター”鳴らすPV

381

赤西仁が11月12日にリリースするミニアルバム「Mi Amor」より、表題曲「Mi Amor」のビデオクリップをYouTube公式チャンネルにて公開した。

「Mi Amor」はスペイン語で「愛しい人」という意味。赤西曰くトラック先行で作ったナンバーで、歌詞は曲からインスピレーションを受けて書いたという。本人は楽曲について「矛盾と愛と流れ星、そして、願い、というワードが浮かんできて、自然と抽象的なラブソングになっていました。この曲は、サビに歌詞がなく、トラックだけで感情表現をするという、J POPでは珍しい、新しいアプローチのEDMとPOPを融合した楽曲です」と解説している。

PVは、タトゥーを入れた上半身裸のワイルドな赤西が、レーザー光線の出るギターをかき鳴らすという映像。PVのプロデュースも手がけた赤西は「MUSIC VIDEOの中では、何か1つインパクトのあるものが必要だと思い、この曲のテーマとトラックから連想して考えた結果、矛盾したギター、というのが思い浮かんできました。そして今度は矛盾したギターについて考えているうちに、最終的にレトロなアコースティックギターとフューチャリスティックなレーザービームを組み合わせてオリジナルレーザーギターを作ることにしました。満足いく仕上がりになっていますので、ぜひご注目ください!!」とアピールした。

なおiTunes Storeでは本日11月5日より、このPVと「Mi Amor」「Baby Girl」の音源を先行配信し、ミニアルバム「Mi Amor」の予約もスタート。レコチョクでも表題曲をダウンロードシングル、着うた、着うたフル、着うたフルプラス、呼出音として先行配信している。

音楽ナタリーをフォロー