音楽ナタリー

L'Arc-en-Ciel国立競技場に帰還「全力でかわいがってやる」

2362

L'Arc-en-Cielが3月21、22日の2日間にわたり東京・国立競技場にて「L'Arc-en-Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」を開催した。この記事では初日公演の模様をレポートする。

バンドにとって史上2回目、約1年10カ月ぶりとなる国立競技場公演となったこの日。チケットは発売初日に瞬時で売り切れるほどの人気の高さで、L'Arc-en-Cielに対するファンの渇望感を表していた。なお8万人の来場者には水色もしくは白の「L'ポンチョ」と、無線で光を操作するリストバンド型ライトFreFlowのL'Arc-en-Ciel版「L'ed」が配られ演出に一役買っていた。

L'Arc-en-Cielの1年8カ月ぶりとなるステージは、yukihiro(Dr)、tetsuya(B)、ken(G)、hyde(Vo)の順番でメンバー1人ひとりの映像がスクリーンに映し出される形でスタート。スピーカーから流れる機械の起動音がスピードを増していくと突然の爆発音とともに、競技トラックを模したメインステージに4つのカプセルが表れた。オーディエンスはカプセルのガラス越しにメンバーの姿を確認すると大きな拍手を送り、4人をステージに迎え入れる。8万人の視線がステージに注がれる中、スピーカーから流れ出したのは「get out from the shell」の不気味なイントロ。フードを被り、口元をベールで覆ったhydeは感情を抑えた声で歌い始める。曲の展開とともにその声は激しさをはらんでいき、サビでは晴天の空に「Everybody!」のシャウトが轟いた。

kenのドライブ感のあるギターとともに、ラメの紙吹雪が舞った「SEVENTH HEAVEN」で会場全体が開放的なムードに。観客との距離を縮めるようにkenとtetsuyaは左右に散りそれぞれの楽器を繰り、yukihiroは軽やかなリズムで会場を揺らした。hydeが「国立、さあ始めようぜ。大きい声出せる? 君たちの声で国立に火をつけてくれ」が叫んだと同時に、スクリーンでカウントダウンがスタート。yukihiroの踏む重いバスドラムにあわせて8万人のコールが起こる。スクリーンに「0」が映し出された瞬間、ステージ前方の聖火台に火が点き、メインステージを彩る巨大電飾にも光が灯る。hydeはそれを合図に旗をはためかせながら花道に繰り出し、オーディエンスを挑発するように「REVELATION」を熱唱した。さわやかな空気が送り込まれた「GOOD LUCK MY WAY」のあとは、hydeのアカペラから始まるアレンジを施した「BLESS」。伸びやかで美しい歌声を軸に、柔らかなアンサンブルが展開していく。ステージ下の長いLEDスクリーンには雪の映像が投影され、“冬”を演出した。

hydeはMCで「お待たせしましたL'Arc-en-Cielです。よく来たね。僕らもよく来たんだけど(笑)。会えてうれしいな。また国立でやれるとは思わなかったから、すごく光栄です」と国立競技場に戻って来た喜びを明かす。そして「普段愛想のないバンドなんですけど、思う存分かわいがってやるから! 全力でかわいがってやるから」と黄色いスポットライトを浴びながら「HONEY」を勢いよく歌い出した。このブロックで4人は「winter fall」や「New World」などシングル曲を次々とプレイ。観客のテンションをぐんぐんと高めていく。hydeの「Are you ready?」の声から始まった「READY STEADY GO」は、場内の狂騒はひと際加速。yukihiroの駆けるようなドラミングにあわせてLEDスクリーンには「READY STEADY GO」の文字がめまぐるしく踊り高揚感を煽った。

yukihiroの硬質なドラムサウンドが堪能できるソロプレイと、ユーモアたっぷりのグッズ紹介を挟み、初日公演は折り返し地点へ。この頃にはすっかり陽も落ち、「L'ポンチョ」を着た観客全体をスクリーンに見立てながらさまざまな映像が投影されていった。同時にアリーナ席に設営された正方形のサブステージが白い半球体で覆われ、地球や眼球の映像が映し出され観客の視線を奪った。シリアスなBGMによって緊張感が高まる中、半球体が割れ、スタンバイした4人が姿を見せる。ドラマチックな演出にどよめきが上がる中、yukihiroのドラムから「the Fourth Avenue Cafe」がスタート。この曲を皮切りに4人の奏でる音にあわせて8万個のL'edが光り出し、会場全体を美しく彩った。「みんなも大変やな、いろいろやらされて」と笑うhydeだが、目の前に広がる圧巻の景色に感激している模様。「君たちの色は僕が変えるんですよ」とL'edの色や明滅を操作し、「1人ひとりが重要やから」と協力を仰いだ。続いてサブステージではhydeがリハーサルでも歌っていて泣けてしまうという「未来世界」と、観客の合唱が不可欠の「あなた」が披露された。hydeが子守唄を歌うように優しく歌い上げた「未来世界」では、tetsuyaがアップライトベースの深い音色でその声を支える。「あなた」ではhydeがイヤモニを外し観客の歌声に耳を澄ませ、その横でtetsuyaとkenが体を揺らす様子が見られた。

バラードの深い余韻が残る中、メンバーはスタンド席の観客に挨拶をしてメインステージに戻っていく。しばらく経ったのち、kenのディストーションギターを合図に「MY HEART DRAWS A DREAM」がゆったりと始まった。「あなた」と同様に観客の歌が肝となるこの曲。hydeはサビでイヤモニを外すと、目をほんのり潤ませながら場内に響く合唱に耳を澄ませた。その後もさまざまな演出が取り入れられ、「CHASE」と「X X X」では次々と変化していくL'edの光が曲の世界を引き立て、「wild flower」ではトーチに灯された炎が雄大なムードを生み出す。さらに「DRINK IT DOWN」ではステージのみならず、アリーナエリアからも火柱が上がり観客を驚かせる。吠えるようなhydeの歌と、yukihiroのタイトなドラムが緊張感を煽り、壮絶な空気が場内に広がった。

この日は、演出面におけるサプライズも随所であったが、特に会場を沸かせたのは新曲初披露の瞬間だった。「シングルを出したいと思ってたんですが、ご覧の通り当日を迎えまして」と謝罪するhydeだったが、「せめて会場でやれたらなんて夢を抱いてたんですよ……。みんな、夢って叶うんだね。間に合いました」と新曲「EVERLASTING」を紹介した。デジタルサウンドと優美なストリングスが絡む新曲は、スローなラブバラード。歌詞でつづられている言葉は少ないながらも、どこか退廃的なhydeの切ない歌声と、kenのむせび泣くようなギターが悲しい感情を伝える。そんな新曲のあとに続いたのは、2ndアルバム「Tierra」の収録曲「Blame」。粋な選曲にオーディエンスは歓喜の声をあげ、懐かしい曲を全身で味わった。

なおkenの下ネタ混じりのMCも健在。「腰振りながら起きたの初めてだよ!」と股間に万歩計を装着してその数値を競う大会に出場する夢を見たことなどを明かし、観客をおおいに笑わせる。さらに下ネタを匂わせるトークを繰り広げていると、次第に周囲は微妙な空気に。kenはそれを断ち切るように「どっから来たん!?」「ノッてまんのかー!」と叫ぶと「Caress of Venus」になだれ込んだ。曲が始まると場内にはレーザーと紙テープが飛び交い、L'edには色とりどりの光が灯る。曲の終盤でhydeは「さぁ お気に召すがままに」というフレーズのあとに、いつものように投げキッスをプレゼント。続けて観客を煽るように「Driver's High」を披露し、観客の心に火をつけた。「Link」の曲中では恒例となっているtetsuyaのトークも行われ、彼は「お元気? ひさしぶりやね」とファンに挨拶。「L'ポンチョ」を着る観客を眺め「なんか雨降ってるみたいだね。でもすごいキレイ。ええもん観せてもらったわ。ありがとう」と感謝の思いを伝えた。

その後、hydeは「ホントにすごいキレイな眺めで……」と感慨深そうに最後のMCを始める。「ひさしぶりに演奏してますけど、全然ひさしぶりな気がしないですね。体が覚えてるってやつ?」と笑みを浮かべ、さらにkenのMCに言及し「ここもL'Arc-en-Cielのいいところ? そんなL'Arc-en-Cielに、これからもついてきてくれるといいな」と語り、ラストナンバーの「虹」を届けた。

序盤はミラーボールの下で4人が演出するシンプルな形だったが、中盤で客席8万人のL'edが光り出し場内が虹色に染まる。競技場には4人が虹の中でパフォーマンスをしているかのような光景が広がり、客席からは感嘆のため息が漏れた。そして鮮やかな花火が何発も打ち上がる中で「LIVE 2014 at 国立競技場」初日はフィナーレへ。tetsuyaの「また明日ね」という言葉が会場に響いた。

L'Arc-en-Ciel「L'Arc-en-Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」
2014年3月21日 国立競技場 セットリスト

01. get out from the shell
02. SEVENTH HEAVEN
03. REVELATION
04. GOOD LUCK MY WAY
05. BLESS
06. HONEY
07. winter fall
08. New World
09. READY STEADY GO
10. the Fourth Avenue Cafe
11. 未来世界
12. あなた
13. MY HEART DRAWS A DREAM
14. CHASE
15. X X X
16. wild flower
17. DRINK IT DOWN
18. EVERLASTING(新曲)
19. Blame
20. Caress of Venus
21. Driver's High
22. Link
23. 虹

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】