映画ナタリー

「サクラダリセット」初日、野村周平が“いじれる”健太郎から反撃を受ける

143

左から深川栄洋、玉城ティナ、平祐奈、野村周平、黒島結菜、健太郎、恒松祐里。

左から深川栄洋、玉城ティナ、平祐奈、野村周平、黒島結菜、健太郎、恒松祐里。

サクラダリセット 前篇」の初日舞台挨拶が本日3月25日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの野村周平黒島結菜平祐奈健太郎玉城ティナ恒松祐里、監督の深川栄洋が登壇した。

公開初日を迎えた感想を聞かれ、野村が「この1カ月くらい、ずっと宣伝してたんですよ。だからまだ公開してなかったんだ!って。毎日バラエティ番組で見かけるでしょ? 宣伝って大切だなと思いました!」とまとめると、共演者たちは「そこ!?」と一斉にツッコむ。野村はマイペースを崩さず、「作品を送り出したら、もうどうにもできないんですよ。編集もできない。だからお客様の口コミが大事なんです!」と勢いよく会場を盛り上げた。

本作は、特別な能力を持つ者たちが暮らす街・咲良田(サクラダ)で生きる少年少女の姿を2部作で描く青春ミステリー。過去の体験を決して忘れない記憶保持能力を持つ高校生・浅井ケイを野村が、世界を最大3日分巻き戻す“リセット”の能力を有する春埼美空を黒島が演じる。

ケイの能力にちなんだ「撮影から今日までで忘れられないことは?」というトークテーマでは、これまでのイベントで野村から散々いじられ続けてきた健太郎が声を荒げた。「いい意味でも悪い意味でも野村くんからのいじりと言うか、いじめと言うか……それが一番忘れられない」と主張。本日の待ち時間にも野村から無茶ぶりされていたことを司会者からバラされると、健太郎は「意味がわからないですよね!」と野村を見やる。

続いて「自分が持っている能力は?」という質問に、野村は「運がいい能力」と回答。「いざこざに巻き込まれないんです。嗅覚が働くんですよね。健太郎を見て『お! こいついじれる!』とか(笑)」と説明していると、健太郎から「いや、自分でいざこざを起こしていなくなるから巻き込まれないんだよ!」と指摘が。野村は「嵐の中心にいたのか!」と素直に納得して笑いを巻き起こす。また黒島が「朝起きてから5分で出発できます」と能力を自慢すると、張り合うように「俺もいつも5分前に起きるよ?」と野村。しかし「出発5分前に起きて、10分後に家を出る」と続け、観客と登壇者どちらも爆笑させていた。

「サクラダリセット 前篇」は本日より全国で公開。「後篇」は5月13日から全国でロードショー。

(c)2017映画「サクラダリセット」製作委員会 (c)河野裕・椎名優/KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会

映画ナタリーをフォロー