映画ナタリー

星野源×湯浅政明「夜は短し歩けよ乙女」予告編、アジカンの書き下ろし主題歌も

3843

星野源が主演、湯浅政明が監督を務める劇場アニメーション「夜は短し歩けよ乙女」の予告編が、YouTubeにて公開された。

森見登美彦の小説をもとにした本作は、京都を舞台に主人公“先輩”の恋心を描く青春恋愛劇。「四畳半神話大系」と同じく脚本を上田誠ヨーロッパ企画)、キャラクター原案を中村佑介が担当する。

このたび公開された予告編には、先輩のほか花澤香菜が声を当てるヒロイン“黒髪の乙女”、神谷浩史演じる先輩の学友“学園祭事務局長”、秋山竜次ロバート)が担当する“パンツ総番長”らが登場。思いを寄せる黒髪の乙女に対し、「なるべく彼女の目にとまる」よう“ナカメ作戦”を実行する先輩が、空回りしながらも奮闘していく。

また映像には、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが書き下ろした主題歌「荒野を歩け」も使用されている。「四畳半神話大系」でもオープニングテーマを担当した同グループの後藤正文は、「甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました」とコメントしている。

なお同時に、星野のアフレコ風景を捉えた写真も到着。アフレコは2月某日に2日間にわたって行われた。早口で話すシーンや独特な言い回しが多い本作で、アニメ声優として単独初主演を果たした星野。そんな彼の演技を、湯浅は「まさに先輩がいました」と絶賛している。

「夜は短し歩けよ乙女」は4月7日より全国ロードショー。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)コメント

再び「四畳半神話大系」に関わった皆さんと仕事ができて嬉しいです。
甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。

(c)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

映画ナタリーをフォロー