映画ナタリー

「さらば あぶない刑事」が石原裕次郎賞に、舘ひろし&柴田恭兵が賞金の分配を懸念

2199

左から舘ひろし、柴田恭兵。

左から舘ひろし、柴田恭兵。

本日12月28日に東京都内にて第29回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が開催され、石原裕次郎賞に選ばれた「さらば あぶない刑事」より主演の舘ひろし柴田恭兵、監督の村川透が出席した。

石原プロモーションの全面協力により日刊スポーツ映画大賞に併設された同賞は、その年にヒットした作品や大作感のある娯楽映画に贈られるもの。今年度は、舘演じるタカと柴田扮するユージの活躍を描く「あぶない刑事」シリーズの最終章にあたる本作が選出された。

表彰式の初めに、2人に支えられながら登場した村川は「昨日までなんの連絡もなく、今日急に登壇することになって、よろめきました。そうしたらタカこと舘さんが支えてくれて、さらに柴田恭兵ちゃんがエスコートしてくれて……なんとアメージング!」と感慨深げに語る。

そんな村川のスピーチを、「長いね」とささやきながら聞いていたマイペースな舘と柴田。賞金の300万円を受け取った柴田は「これをどう分配するか……。舘さんは(石原プロの)身内ですから辞退してもらって。あと映画の中でも舘さんは、バイクに乗ってショットガンをぶっ放してるだけなのでね。僕はけっこう走りましたから! 肉体労働したのでちょっと多めにいただきます。あとは……仲村トオルくんに3万円くらいかな」と算段をする。司会から「見事な走りでしたね」と劇中のダッシュシーンを褒められると、「コマ落としです」と即座にジョークで返した。

一方司会から「賞金を辞退されたそうですが……」と振られた舘は、「ええ!? 僕、辞退したんですか!?」と慌てる。続いて真面目なトーンで「『あぶない刑事』の1作目が公開になったのは、石原裕次郎さんが亡くなられた年。公開初日は劇場が満杯になって、そのあとパンフレットを持ってお線香をあげに行きました。それが『あぶない刑事』映画の最初なんです。そしてシリーズの最後でこういった賞をいただけて、光栄です」としみじみ語った。

新海誠が受賞した監督賞に引き続きプレゼンターを務めた原田眞人は、「村川監督は、僕がまだ映画青年だった20代の頃、お宅にお邪魔して一晩隣で寝たことがある唯一の映画監督です。今日は若い新海監督と、大先輩の村川監督のプレゼンターをやるということで非常に緊張しておりました」と振り返る。またシリーズのレギュラーキャストである木の実ナナは、3人へ花束を贈呈するために駆け付けた。司会から本作の撮影について「ご苦労様でした」と声を掛けられると、「ご苦労ではなかった。楽しかったです! だって、(現実には)絶対にいないデカなんですから。カッコいい人たちがやってると、やっぱりいいでしょ」と返す。最後には舘と柴田に対して「カッコいい! でも石原裕次郎さんはもっとカッコいい!」という言葉を贈り、笑いを起こした。

※日刊スポーツ映画大賞の関連記事はこちらから
「君の名は。」新海誠が日刊スポーツ映画大賞の監督賞に輝く、原田眞人も絶賛

宮崎あおいが日刊スポーツ大賞助演女優賞に、長澤まさみが「憧れの女優さん」

佐藤浩市と宮沢りえが日スポ映画賞への喜び語る、高良健吾&綾瀬はるかも登壇

有村架純、新人賞を受けさらなる気合い!プレゼンター広瀬すずは「尊敬します」

映画ナタリーをフォロー