映画ナタリー

「デスノートLNW」に松坂桃李が参加、金色の死神ベポに声当てる

806

「デスノート Light up the NEW world」より、ベポ。

「デスノート Light up the NEW world」より、ベポ。

デスノート Light up the NEW world」にて、松坂桃李が新たな死神の声優を務めているとわかった。

佐藤信介がメガホンを取った本作は、キラこと夜神月と世界的探偵Lの死から10年後の世界を舞台に描かれる「デスノート」シリーズ最新作。東出昌大がデスノート対策本部の捜査官・三島創、池松壮亮がLの遺伝子を継ぐ探偵・竜崎、菅田将暉がサイバーテロリスト・紫苑優輝を演じている。

松坂が声を当てるのは、金色の体と6本の指を持つ死神・ベポ。三島率いるデスノート対策本部特別チームと竜崎が手に入れた1冊のデスノートの元持ち主であり、人間界に6冊のノートがもたらされていることを明らかにするという役どころだ。

佐藤の監督作「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」や「図書館戦争 THE LAST MISSION」にも参加している松坂は、「原作が元々好きだったので、佐藤信介監督からお話をいただいた時は、嬉しかったです。束の間ながら、あの世界に入れたのはワクワクもしました」とコメントを寄せた。

「デスノート Light up the NEW world」は10月29日より全国ロードショー。

松坂桃李 コメント

突然ですがデスノートの世界に参加してきました。
原作が元々好きだったので、佐藤信介監督からお話をいただいた時は、嬉しかったです。束の間ながら、あの世界に入れたのはワクワクもしました。
死神です。
僕の声だと気づかない方もいらっしゃると思います。
あまり先入観を抱かずに、楽しんで頂けたら本望です。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画ナタリーをフォロー