映画ナタリー

齊藤工の移動映画館プロジェクト「cinema bird」第3弾は大分・明尊寺で開催

233

俳優の斎藤工が齊藤工名義でプロデュースする移動映画館プロジェクトの第3弾「cinema bird in OITA」が、大分・明尊寺にて5月14、15日に開催される。

「cinema bird」とは、映画館のない地域に映画を届けるため齊藤が発案した企画。2014年に宮城・石巻市にて初開催され、昨年は福島にて「cinema bird in FUKUSHIMA」が実施された。第3弾の開催にあたり、齊藤は「“お寺”と“劇場”はそれぞれ高い敷居を持たず集まりやすくどちらも人で賑やかであるべき場所だと思います。今回豊後大野市にてそれらの融合が実現すれば日本における移動映画館の醍醐味・意義を大いに得る事の出来る一つのモデルケースになるのではないかと期待しております」とコメントしている。

今回は、BBCアースとピクサー・ アニメーション・スタジオが制作し、斎藤がナレーションを務めたネイチャードキュメンタリー「小さな世界はワンダーランド」、アンジェラ・アキの楽曲をモチーフにした新垣結衣主演作「くちびるに歌を」、天性の歌声と称される少女と聴覚障害を持つ両親を描くフランスのヒューマンドラマ「エール!」の計3作品を上映。3部に分けて各回入れ替え制でそれぞれスクリーンにかけられるほか、お笑い芸人・永野やシンガーソングライター・MOGMOSといったライブゲストも来場する。

なお参加対象は、14日が豊後大野市大野町町民、15日が豊後大野市民に限定されているのでご注意を。往復ハガキ、Eメール、FAXのいずれかにて4月25日まで参加応募を受付中。応募方法や参加条件などの詳細は豊後大野市の公式サイト、または「cinema bird」公式サイトで確認しよう。

齊藤工 コメント

“お寺”と“劇場”はそれぞれ高い敷居を持たず集まりやすくどちらも人で賑やかであるべき場所だと思います。今回豊後大野市にてそれらの融合が実現すれば日本における移動映画館の醍醐味・意義を大いに得る事の出来る一つのモデルケースになるのではないかと期待しております。五月の半ば“明尊寺”に沢山の方々の笑顔エンターテイメントの花が咲く様我々cinema birdは全力で準備させて頂きます。同時に我々はまだまだ未熟な部分もあります是非豊後大野市の皆様のご指導・ご鞭撻をお借りしながら共に移動映画館を作って頂けたら幸いです。

cinema bird in OITA

2016年5月14日(土)、15日(日)大分県 明尊寺

1部

上演時間 11:00~13:00
料金:500円
<上映作品>
「小さな世界はワンダーランド」

2部

上演時間 14:00~17:00
料金:1000円
<上映作品>
「くちびるに歌を」

3部

上演時間 18:00~20:00
料金:1000円
<上映作品>
「エール!」

映画ナタリーをフォロー